【感想ネタバレ】~Dr.STONE reboot:百夜~第2話【外伝】

短期集中連載Boichi先生によるDr.STONE(ドクターストーン)外伝reboot:百夜の第2話感想ネタバレです!

ネタバレ

食事をしながら話し合うメンバー

「宇宙船ソユーズで地球に帰る旅ってのは、飛行ってかどっちかっつーと落下だ この宇宙ステーションISSから地球に小石投げるみてーなもんだ」

「それで誤差10キロ以内とか…」ヤコフがビビる

ラーメンを食べながら百夜が言う 「このうずらの卵を富士山のてっぺんから、そうだな鹿児島あたりの学校の校庭にピンポイントで投げ入れるレベルだな」

ヤコフとコニーが口を揃えて宇宙空間なら楽勝と言い、リリアンがそれにツッコミを入れる

石化から6時間20分

外を見つめる百夜にヤコフが話しかける 「なんかイイ方法見つけちゃったの⁉︎」

「ライディング・サイトーっつーんだっけか?降りるトコなんだが俺のオススメはここ

千葉の九十九里浜‼︎

リリアン以外の面々が一発で納得する。

「私だって一つは理由わかるけど 東京の近くなら千空にも会いに行ける…でしょ?」

ダリヤが肝心なのはそこでは無いと言う。 一番難しいのは着地点の誤差を減らすことで海岸近くに降りて岸まで気合で泳ぐつもりの百夜。

見開きで宇宙船着陸のロードマップ それを見て驚く面々。

「「全部シュミレーションだ…」」

「できるまで∞に繰り返しまくる‼︎」

そんなことできるのか聞くリリアン

そもそもできるまで∞に繰り返すのが科学だ だからこそ面白いんじゃねーのか?

「そう、そうね…」ヤコフがカセキと同じようにムキムキになり服が破けメンバーに指示をしていく

コニーとリリアンは地球に持っていく物資の選定とデータ集めチーム

ダリヤとシャミールは宇宙船のプログラミングチーム

ヤコフと百夜はシュミレーションセッティングチーム

「みんな自分の担当分が終わったらシュミレーションチームに合流ね‼︎」

石化から14時間

大気圏での不確定性のせいで着地点の誤差を減らしきれなく悩む面々

自分がなんとかすると言う百夜

「オジサンが全部決めて、オジサンの故郷を目指す。この非常時にそれが本当に正しい事なのか?」

「百夜、僕はオジサンが仕切るのを認めた覚えはないんだけどな」

「シャミール!やめな!」

茶化して流そうとする百夜だが失敗し、シャミールがリーダーになれと言う。

「俺は自分がリーダーとか考えたこともねえし、興味もねー。そもそも船長はヤコフだしな。 俺が少ねー頭で必死に考えてんのは、一見ムチャクチャでもよ、ホントに正しい道はどこかっつーそれだけだ…!」

「オッケ〜じゃあ皆今すぐ‼︎寝よ‼︎」唐突にリリアンが言う。

ぶっ続けで20時間以上起きてるから疲れてイライラしてると言う。

「寝て!食べて!考えんのはそれから!ホントに正しい道はそれ!リーダーリリアンに従いなさい!」

驚く2人は素直に言うことを聞く

だが眠れない百夜。リリアンが日本に着陸が無理でも千空に会う方法をなんとか見つけようと言う

「もし日本に行けたらよ、俺は草の根分けても千空見つけ出して蘇らせる いや、あいつなら石化くらい自力で解くかもな!そしたら

千空と俺たちでぜってー全人類を助けられる!何年かかってでもな‼︎そういう奴なんだあいつは」

「…いや、んなのは結局言い訳だよな 実は、実は俺

息子に会いたいんだ…死ぬほど…

涙ぐむ百夜

石化から20時間12分

ついに解決策を見つけたという百夜

大気圏のせいで誤差が出るというのならそれもコンピュータに計算させればいいと言う。

超高性能なコンピュータと専用プログラムが必要だがそんなPCがないと焦るコニー

「いひひ、それが一台あんだよコニー ここに、レイ自体が超高性能なコンピュータじゃねぇか!」 ※レイは百夜のアイデアで作られたロボット

「こ…これで道が見えましたね‼︎」大喜びする面々

シャミールが百夜の言葉を思い出す

「一見ムチャクチャでも本当に正しい道を探す」

「リーダー…か」

力を合わせいざ地球へーーーー‼︎

Boichi先生巻末コメント

銀杏を沢山食べれませんでした。残念ですが百夜はもっと食べれなかったでしょう。

感想

百夜が初めて弱った表情を見せてくれました。にしてもBoichi先生は本当にキャラの表情を描くのが上手いです!
そして、シャミールが百夜を徐々に認めていく姿が描かれていましたね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事