【読切‼︎】TOKYO GRIND HORROR CHANNEL 感想

カラーの扉絵を見て思わず「え⁉︎上手すぎだろ‼︎」と声が出てしまいました。週刊少年ジャンプ48号に掲載されている超絶画力を持った読切

TOKYO GRIND HORROR CHANNEL

引用:TOKYO GRIND HORROR CHANNEL 仲間只一

 

 あらすじ

「この世の悪霊怪奇超常現象を科学と暴力でブッ殺すそれがホラーハンターだ!」 特攻服の少女が釘バットで霊をボコボコに殴り退治する動画がネット上に投稿され世界中で話題になる。動画の投稿者トーキョーグラインドホラーチャンネルはどんな悪霊でも依頼が来れば必ずブチ殺すと称し依頼を募集している。

そして、霊に付きまとわれている一人の少女が持ち込んだ依頼からホラーハンター忌乃斬子の死闘が始まる…!

感想

私的な感想としては

・絵がうまい 話がシンプルでわかりやすい キャラが掴みやすい

・コマ割りや構図がうまくない セリフが多い トーンの貼りすぎ(ジャンプの印刷が粗いため余計見ずらくなる)

・幽遊白書のパロディネタ

ネット上でも絵が見ずらいという意見が多く見られます。また、以前にもジャンプに読切が掲載されていたそうです。

こちらもカラーイラストは好評のようですが、今作と同様に構図やコマ割り、トーンの貼りすぎで本誌の印刷で見ずらい事などが指摘されていました。

ですが話作りは好評のようなので本当に絵を頑張って向上させてくれれば連載も夢ではないと思います。

特にメインの戦闘シーンが読みやすくなれば、漫画の質がグッと上がると思います。

ドラゴンボールやNARUTOとか参考に頑張って欲しいですね。

仲間只一先生が気になった方は是非、Twitterをフォローして最新情報をチェックしてみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事