漫画版 わたしの幸せな結婚 5話のネタバレを少々 感想も ゆり江の優しさ

おはこんばんちは!!今回ネタバレする漫画はこれなんですよ!!

『わたしの幸せな結婚』でございます。

僕は電子書籍で『わたしの幸せな結婚』を読むことをおすすめします。

『わたしの幸せな結婚』って大体3つくらいの購入方法があるんですよ。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのが、その購入方法たちなんですけど、僕はこの中でも『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を一番におすすめしています。

近頃、感染の危険性の観点から外出したり他人との接触はできるだけ避けたいと思うんですよ。僕自身も外出はできるだけ避けるようにしています。

電子書籍って自宅で購入を済ますことができるので、安全なんですよ!!

『実際に書店に行って購入するパターン』になってしまいますと、外出するのはもちろんなんですけど、他人との接触を避けられないんですよ。

外出をする必要があるので、当然通行人と接触してしまう可能性があります。書店内も他のお客さんはたくさんいるので、そこから感染してしまう場合だってあります。

一番怖いのはレジです。『わたしの幸せの結婚』を本棚から取り出して、レジの店員に渡すときに感染してしまう場合があるんですよ。

最近でTSUTAYAみたいに無人レジが主流になりつつありますが、まだまだ有人レジの書店は沢山あると思います。

まあこれも某みなとみらいのタワマンだったら、マンション内にTSUTAYAがあるので、そういう場所に住んでる方だったらあまり怖くないかもしれませんね。

『通販で購入するパターン』になりますと、外出をしないで済むので安全と思いがちですが、実は微量ながら感染の可能性があるのです。

それは第三者が宅配物に触れている可能性があるということです。感染の可能性は非常に低いですが、可能性はあります。

これらの事を考えると感染の可能性が一切考えられない『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を一番おすすめしたくなりますね。

電子書籍なら購入から閲覧まで完結させることができるので!!

また『わたしの幸せな結婚』は様々な電子書籍サービスにて読むことが可能なんですけど、僕はその中でも『まんが王国』を一番おすすめしたいです。

僕はこれまで様々な電子書籍サービスを試してきましたが、その中でも最も使い勝手が高良かったのが『まんが王国』だったんです。

後で『まんが王国』についてはちょびっとだけではありますが、まとめていきます。そしてもっと『まんが王国』について詳しく知りたい方は下の記事を読むと良いですよ!!

5話の感想

ここでは僕が『わたしの幸せな結婚 5話』を読んでみて個人的に気になったところをまとめていきます。

え!?どゆこと・・・!?

いやあ、前の話から読んでてわかることですけど、ゆり江って本当に優しいですよねえ。

始めてきた美世に対しても物凄く暖かく受け入れてましたしね!

清霞によると、かつての嫁候補の中には清霞の目を盗んで、ゆり江を虐めていた者もいたそうなんです。

普通、1回でも嫁候補にいじめられたら、次にくる嫁候補に対して暖かく受け入れるって難しいと思うんですよ。もしかしたらまた虐められるかもしれないし!

しかし、ゆり江は美世にとても良くしてます。

そんなゆり江ですが、今回の話では何やら怪しい行動をしているんですよ!

ゆり江から裁縫セットを借りて、美世は裁縫を開始するんですけど、襖の隙間から怪しげな視線で見つめている者がいるんです。

それがゆり江なんですよ!!

もしかして、ゆり江って敵なのか!?

4話を振り返る

美世の幼少期の思い出。

父親と継母が香耶を可愛がっている。

いいぞ香耶。お前には見鬼の才がある。香乃子(継母)もよくぞ香耶を産んでくれた。と父親は嬉しそうに継母に言ってやる。

使用人達の間でも香耶は話題になっている。

香耶は見鬼の才を発現させたみたいだ。まだ3歳なのにすごい。

それに比べ、美世は能力の発現は絶望的だそうだ。両親どちらも異能持ちなのにも関わらず、才能がないだなんて可哀想だねえ。

美世の耳元にはこういった声が入ってくる。

自分の居場所、価値がどんどん無くなっていくのを感じた。

屋敷では香耶は敬われて、自分の扱いは酷くなっていく。

自分はいらない子だ。この家に生まれてこなければ良かった。美世は何度も思った。

普通の生活でいい。生活が苦しくても温かい家に生まれたかった。

そうやって泣いていると、いつも励ましてくれたのが使用人の花だった。

継母によって蔵に閉じ込められたあの時、花は解雇された。

そこでハッと目が覚める。

美世は二晩続いて悪夢を見ていた。

目を覚ますと涙が止まらなくなっていた。

これは斎森家を出ても自分には何の価値がないという戒めだった。

自分がどれだけ平凡で使えない人間かはわかっている。そう思いながら布団を片付ける美世。

寝巻きから着替えようとすると、あることに気づいた。

着物がもう寿命だったのだ。この着物は実家の使用人から着なくなったからと譲り受けた物だった。

受け取った時にはもうボロボロで、その後何度も直していくうちに生地が薄くなっていった。

ただでさえ、少ない衣類がこうやって使い物にならなくなったら着るものが無くなっていってしまう。

という事でゆり江から裁縫セットを借りられるか聞くことに決めた。

厨房に行くとゆり江はもう飯の準備をしていた。

昨日のことがあったから気になって早く来てしまった。今朝の用意はどうするかとゆり江は聞いた。

美世は昨晩の出来事をゆり江に話す。

昨晩の夕食後、朝ごはんを食べずに残して悪かった。また明日も作ってくれ。ただし毒を入れるなら容赦はしない。と清霞が話したのだ。

それを聞いたゆり江は思わず笑顔になる。

素直に食べたいといえばいいのに。では一緒に作りましょう。そう言って料理が開始された。

ゆり江の手際はとても良く、美世にとってもいい勉強になっていた。

美世は裁縫セットを貸してくれないかと聞き、貸してもらうことになった。

そして朝ごはんの時間へ。

清霞もやって来て3人で食べることに。美世は料理を口に運ぶ清霞を見て心配する。

味は普通だ。舌が肥えてる清霞にとっては不味いかもしれない。と。

美味い。

これが清霞感想だった。

美世は思わず泣いてしまった。誰かにこうして褒められるのは何年もなかった。

なんで泣いているのか分からない清霞は思わず困惑してしまい、なぜ泣いているのかと聞く。

もしかして自分の言葉を気に入らなかったのか。だが、美味いというのは事実だ。

美世は泣きながら申し訳ありませんと謝る。

泣きながら謝ってきたので、更に分からなくなった清霞。

ちょっと5話のネタバレ

ゆり江から裁縫セットを借りる美世。

こんな綺麗なものを使っていいのかと聞く美世。

もちろん構わない。もし新品が良いならそちらを用意する。使い古していて使いにくい道具もあるはずだが。と気にするゆり江。

とんでもないと返事をする美世。

元はと言えば何も持ってきていない状態でやって来た自分がいけないのだ。裁縫セットくらい自分で持っていくべきだった。無一文である自分が情けない。しかしこれでほつれた着物を繕える。そう思う美世。

そしてゆり江にあることを尋ねる。それは今朝、自分がいきなり泣き出したことだ。清霞は怒っているだろうかと。

まさか、そんなわけが無い。泣くことは悪いことではない。むしろ、涙を我慢して気持ちをため込んでしまう方が悪いことだ。自然に出てきた涙はそのまま流した方が懸命だ。そんな事で清霞は怒らない。

そう言って美世を励ますゆり江。

「まんが王国」って色々な電子書籍サービスを使ってきた僕からすると最強なんだよなあ

先ほども話にも上がりましたが、ここでは『まんが王国』について少しだけではありますが、まとめていきます!!

僕はこれまで数多くの電子書籍サービスを試しまくりました。その中で最も使い勝手が良かったのが『まんが王国』だったんです!!

ちなみに下の記事には『まんが王国』についてもっと詳しくまとめてあるので、『まんが王国』について詳しい情報を知りたい方は下の記事を読むと良いかもしれません!!

僕が『まんが王国』を使う決め手だったのが「じっくり試し読み」

『じっくり試し読み』は『まんが王国』の中にある優良サービスの内の一つでございます。

僕が『まんが王国』を登録する決め手にもなったのが『じっくり試し読み』でした。

サービスとしては普通に『マンガをじっくりと試し読みする』ってものなんですけど、着目してほしいのはその量にあるんですよ!!

通常の電子書籍サービスの漫画の試し読みって多くても2,3話くらいが限界なんですよ。しかし!!『まんが王国』だと違います!!

『まんが王国』だと『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい読める場合があるんですよ!!?すごくないですか!!?

様々な支払い方法に対応している『まんが王国』は神かな?

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上記にあるのが『まんが王国』にて使う事ができる支払い方法たちとなっております!!

これだけあればみなさんに合った支払い方法がきっと見つかるはずです!!

個人的にはクレジット決済以外に対応しているのがありがたいです。

最近は見かけなくなりましたが、電子書籍サービスの中にはクレジット決済にしか対応してないってのがあるんですよ!!

しかし『まんが王国』ならそんな心配はいらないですね。

ちなみに僕はauかんたん決済を使わせてもらっています。

最後に

いやあ、僕はゆり江は白であることを信じたいです!!

では!!

おすすめの記事