17話:マイホームヒーローをちょっとネタバレ&感想も なんて痛々しい

みなさんどもです。

今回も漫画をネタバレします。

『マイホームヒーロー』でございます。

『マイホームヒーロー』はまんが王国で読むことをおすすめします。

この漫画にはおよそ3つくらいの購入方法があります。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのがその購入方法たちになっているんですけど、僕はこの中でも『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を一番におすすめします。

ここ最近って感染するかもしれないということで、外出するのが怖いと思うんですよ。

でも、電子書籍なら外出する必要もないので感染のリスクを抑えることが出来ます。

まさに、今の時代にピッタリな支払い方法だと言えますね!!

また、この漫画は様々な電子書籍サービスにて読むことができるんですけど、『まんが王国』を僕は最もおすすめしたいです。

『まんが王国』は僕がこれまで試してきた電子書籍サービスの中でも一番使いやすかったので、ぜひとも皆さんにもおすすめしたいです。

また、この記事の下の方では『まんが王国』について少しだけですかまとめていきます。下の記事にはもっと詳しく載せてあります。

17話の感想

ここでは僕が『マイホームヒーローの17話』を読んでみて個人的に気になった箇所をまとめていきますね。

ぎゃああああああああああ

前回、窪が哲雄と恭一を助けてくれました。

すると、窪が服を脱がせてピンセットを炙って、傷口を穿り回して弾を抜いていました。

今度はホッチキスで傷口を止めていました。

見ているだけで痛々しいですね。

あと、個人的に気になったんですけど、意外と恭一がガリガリなのが個人的に壺です。

16話の振り返

恭一が走らせた車は王虎隊の車を踏み台にぶっ飛んでいった。

龍健組、王虎隊は双方ともどういうことなんだと驚いていた。

車の中では哲雄が撃ってきたぞ。伏せていなかったら死んでいた。と呟く。

恭一も全員銃を持っていることを知って落胆する。

王虎隊が自分たちの車を踏み台にしやがってとキレ始めた。

お互いの疑いを晴らすためにと言いながら、車からアサルトライフルを取り出して、哲雄の乗った車を撃ち始めた。

哲雄はすぐにバックをしろ。距離をとれと恭一に助言する。

いったいなんでこんなことになっているんだ。まるで現実感がないと驚く哲雄。

王虎隊の弾は車のエンジンに引火させた。

車の中で燃えていることを知った哲雄は焦り始める。

一方で恭一は肩と腹部に被弾してしまった。

こんなところで、あと少しなんだ。あと少し金が溜まれば。と呟き始めた。

エンジンが死んで移動は出来ないはずなのに、なぜ動いていた。

哲雄はそれに気づいた。理由は緩やかな下り坂だったからだ。

ハンドルを回して、道路のガードレールにぶつかる車。

そして爆発し始めた車。

龍健組はあれでは身元が割りだせない。いい気分ではない。とっとと取引をしようと提案する。

すると、王虎組の1人がスマホの電波が入らないと呟いていた。

一方で2人は助かっていた。

爆発した場所からかなり離れたところで、哲雄が恭一に手を貸していた。

なんで自分を助けたんだと聞く恭一。

哲雄はその話は後だと言って、まずは救急車を呼ぼうするが、スマホが急に圏外になっていた。

恭一はまさか、窪が来ているのかと呟き始めた。

場面は王虎隊と龍健組へ。

大型トラック2台が向かっていた。

どうやら電波障害を起こしていたのは窪たちだった。

そして、そのトラックに乗っていたのは窪たちだった。

銃声が鳴り響く山。哲雄は一体何が起きているのかわからなかった。

すると、恭一がこんなことを呟き始めた。

子どもの頃、父親が死ぬ前に両親がやっていた飯屋を取り戻してもう一度、母親とやりたかった。

それには資金が必要。これ以上に稼げる場所なんてない。

それを聞いた哲雄は勝手な事を。そのためにどれだけの人を苦しめるつもりなんだと聞く。

力だ。組織は強いから正しい。強いヤツが勝って弱いヤツが負ける。この国はずっとそうやって回って来たんだ。

そんなことを話していると、王虎隊の1人が拳銃を持ちながらこっちにやってきた。

目が合ってしまう双方。

瞬間、彼の頭から血が出ていた。

撃たれたのだ。

そこで、哲雄は確信する。

暴力。暴力が、暴力が強いヤツが正しい。自分がやったことも一緒なのか。と。

撃った犯人は窪だった。

窪は微笑みながらこちらにやってくる。

17話をちょこっとネタバレします。

暴力が強いヤツが正しい。今の自分たち2人の命も窪の意思決定次第。

すると、背後から窪の仲間たちがゾロゾロとやってきた。

どうやら鞄の回収は終わって中身も問題なかった。王虎隊と龍健組の身柄は荷台にて拘束済みで、窪の仲間たちに負傷者はなかったそうだ。

窪は恭一に脱げと告げる。

そして哲雄に恭一を抑えるよう頼む。

窪は部下からピンセットとライターを借りる。

ピンセットの先っちょをライターで炙る。

ピンセットで恭一の腹部をグリグリとする窪。

恭一はあまりの痛みに叫び始める。

窪は冷静な顔でなんで哲雄と一緒にいるんだと聞く。裏切っていなければなんでもいいと話す。

恭一は精一杯声を出して裏切っていないと話す。

今度はホッチキスを取り出した。

そして腹部にそれを打ち込んだ。

恭一は服を着直す。

自分たちが今この場にこうしているのは誰の判断なんだと聞く。

どうやら指示したのは窪だそうだ。ミスした上に自分の指示に従わなかったからだそうだ。

だが、穴埋め分の囮の仕事はしてくれたからもう大丈夫だと話す。

その話を聞いて、哲雄はこれで無事に帰れると思っていた。

次の瞬間、頭に銃口を突きつけられる。

なんで、ここにいるんだ。一般人を連れてきたらダメだろう。口封じをしないといけない。社会人を消すのはめんどくさい。そう話す窪。

恭一は店の判断だと伝える。

やっぱり飲食店に頼むものではない。あいつらは何もわかっていない。

お前の口を封じなきゃいかん。死ぬのと仕事するのどっちがいい。仕事だろ。よし。働いていけ。

哲雄に考える暇なんてなかった。

業務内容はカメラの前でカンペに従うというものだった。

まず、名を名乗ってさっきの死体をチェンソーで解体する。というものだった。

もしも今日見た何かを漏らしたらこの映像が公表されるということだった。

「まんが王国」は本当におすすめできます。

ここでは上の方でも話した通り『まんが王国』についてちょこっとまとめていきます。

ちなみに、下の記事にはもっと『まんが王国』についてまとめてあります。

「じっくり試し読み」は本当にすごいんだよ

『まんが王国』には色々と良いサービスがありますが、その中でも『じっくり試し読み』は外せません。

『じっくり試し読み』は僕が『まんが王国』に登録するきっかけでもありましたからね。

普通、電子書籍サービスの漫画の試し読みって大体2,3話くらいなんですけど『じっくり試し読み』だと違うんですよ。

『まんが王国』だと『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3冊くらい平気で読めるんですよ!!

支払い方法が多くて本当にすごい

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上にあるのがその支払い方法たちとなっています。

最後に

いやあ、哲雄もこれで裏社会の人間ですね。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事