【13話】復讐の教科書をちょいとネタバレ&感想も 切木死亡

みなさんどもです。

今回ネタバレするのはこれです。

『復讐の教科書』です。

僕は『復讐の教科書』を読むならまんが王国を一番におすすめします。

『復讐の教科書』は主に3つくらいの購入方法が存在するんです。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのがその購入方法たちなんですけど、僕は『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を推したいです。

ここ最近って感染するかもしれないということで外出するのが怖いと思うんですよ。

でも電子書籍なら誰かと出会う可能性もないし外出する必要もないので、安心安全です。

そして『復讐の教科書』は様々な電子書籍サービスにて読むことができるんです。

僕は『まんが王国』を一番におすすめします。

これまで数々の電子書籍サービスを試してきた僕ですが、その中でも最も使い勝手が良かったのが『まんが王国』だったんです。

後で『まんが王国』について少しだけですがまとめていきます。下の記事には『まんが王国』についてもっと詳しくまとめておきます。

13話の感想

ここでは僕が『復讐の教科書 13話』を読んでみて個人的に思った箇所をまとめていきます。

これはかなりエグいなあ。

結局、爆弾には殺傷能力がなく、大きな音がするだけした。

そしてその音が至近距離で鳴っていたので鼓膜が破れていました。

聴力を奪って、帰る場所も奪って切木には何も残らなくなりました。

確かに切木がやってきたことは許す事の出来ないことですが、少しやりすぎのような気もしました。

12話の振り返

最後の授業とはなんなんだと聞く切木。

一体何をする気なんだ。

黒瀬はそんなに怯えるな。今までやられていたことをやり返すだけだ。

制限時間は60分。友達、部員、恋人、絆があると思う人に、君の携帯で助けを求めても良い。

街から山までは30分で来れる。だから本当に君の事を心配する人がいるなら必ず助かる。

ただし、60分以内に助けが来なかったらロープに着いた火が火薬に辿り着いて爆発する。

だが、君なら絆があるから大丈夫だ。と話した。

切木はメッセージは自分の言った通りに送ってくれるのか。と受け入れが早かった。

それはそうだ。黒瀬なんかとは違って自分には絶対の絆があるんだ。さっさとココから抜け出してぶっ殺してやると威嚇する切木。

不動とくるみと仙水に位置情報と黒瀬に拉致られたから助けてくれとの旨のメッセージを受け取る。

不動は冷静に一体何をしているんだと思う。

すると、3人のグループで電話が鳴った。

くるみが切木がヤバい。どうしたんだろうと焦る。

仙水は電話して状況を聞いてみようと提案する。

不動は冷静になれ。まず黒瀬に拉致られるだなんてありえない。

なぜなら黒瀬は入院しているからだ。誰かが黒瀬を装っているはずだ。

そして黒瀬と名乗るという事はイジメの件と関係しているということだ。

だとしたら、助けるという行為自体が自分らもイジメていたという自白になりかねない。

お前らは自分を犠牲にしてまで奴を助けるのかと2人を納得させる。

切木には自分が適当に誤魔化しておくと伝えた。

そして不動は『わかったキリコ 今遠方にいるから先生に相談しとく!!』と来た。

切木は絶望する。ならバスケ部の連中はどうなった。そろそろ返信が来ているはずだと話す。

バスケ部のラインフループでは既読が早くてどんどん増えるが、まったくの無視だった。

遂に全員分の既読がついたが誰一人返信がしなかった。

黒瀬はもう詰んでいるんだけど(笑)と煽る。

返信はしなくても実は裏で動いているかもしれないと焦る切木。

黒瀬は確かに勘が良いね。君の言う通り裏グループでは皆喋っていると伝える。

黒瀬は司馬のアカウントを借りていてバスケ部の裏グループを見ていた。

そして切木に見せてやった。

グループでは誰が行くかよ、かまってほしいだけだろ。もう部長に気を使うのは疲れたなどと書いてあった。

黒瀬は改めて本当は皆きみのことが嫌いなんだ。と言い渡す。

切木は絶望する。

そこで彼女であるひなに連絡をしてくれ。と叫ぶ。

黒瀬は美谷のことを行為が大好きな女の子と呼ぶ。

切木はひなはそんな奴じゃないと断る。

黒瀬は自分が美谷と行為をしている動画をみせる。

切木はまたもや絶望に打ち拉がれる。

自分に絆がないと馬鹿にしていたが君こそどうなんだ。人の声をきかず自分の主張ばかり押し付けて、君の生き様がこの有様を招いたのではないのか。君の方こそ馬鹿ではないのか。と美谷の声が響いていた。

切木は泣きながら大声で黒瀬に謝罪をする。だが火の種は止まることはなく、爆弾全てに火が点いた。

黒瀬は謝罪は求めてない。孤独に散れと呟いて離れた。

13話をちょこっとネタバレする

爆発して、だんだん煙が消えて行って切木はどうなっているかというと、普通に生きていた。

煙たがっているだけだった。

黒瀬は死んだと思ったか。いじめっ子の為に殺しなんてするはずがない。爆竹と一緒で炸裂音がデカいだけで攻撃性はない。

だが、至近距離で聞けば鼓膜は破れるかもしれないと黒瀬は話す。

実際、切木には黒瀬の声は一切聞き取れなかった。

黒瀬はメモ帳に伝えたいことを書いた。

相手の話しを聞こうとせず、自分の主張しかできない者は相手の声が聞こえなくても問題がないだろう。

もう僕の気は済んだから帰っても良いぞ。だが帰る場所があるのであればね。と煽る。

切木は親からも疎遠されていて、不道たちからも見捨てられて、バスケ部たちからは陰で嫌われていて、彼女もアレの緩い女としか見えなかった。

切木は絶望で涙が止まらなかった。

叫びながら折れた手を抑えてどこかに駆けて行った。

黒瀬はこんなことを思う。

因果応報というものは信じない。なぜなら自分がイジメられていた頃にどれだけ祈っても彼らには天罰が下らなかった。とどのつまり、この世はやったもん勝ち。

だから復讐を決意した。

遊井が混乱して焼却炉に手を突っ込んだように、正常な判断ができないところまで追い詰め、不幸の連鎖を自らさせる。現実的に呪った。と。

そして、切木は駆けて行って道路に出ていくが耳が聞こえない為、トラックが近づいていることに気づかず轢かれてしまった。

「まんが王国」について少しだけ

上でも少し話した通り、ここでは『まんが王国』についてまとめていきます。

そして下の記事にはもっと詳しくまとめてあります。

「じっくり試し読み」は本当にすごいんだよなあ。

普通、電子書籍の漫画の試し読みって多くても2,3話くらいなんですよ。

でも『まんが王国』だと、この『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3冊くらい読める場合があるんですよ!!

数々の支払い方法に対応している『まんが王国』

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上記にあるのが『まんが王国』にて使う事の出来る支払い方法たちとなっております。

これだけあれば皆さんに合う支払い方法がきっとあるはずです。

最後に

いやあ、これ本当に切木は死んだんですかね。

というかあんだけデカそうな爆発音鳴ったら、通報とかきそうですけどね。

足がつかないか心配です。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事