『トリリオンゲーム』第1集ネタバレ感想!稲垣節が炸裂!!全てを手に入れる企業物語!!

原作:稲垣理一郎×作画:池上遼一『トリリオンゲーム』第1巻のネタバレ感想です

第1話 世界一のワガママ

計算高くコミュ力も最強なハルと技術力はあるが陰気なオーラが出てるガク

いわゆる陽キャと陰キャのコンビで企業する話

驚いたのはハルの語学知識が本物だった事です

ハッタリで行くのかと思いきやお前まで頭いいんかい!!

第2話 START UP

秘書の人、桐姫かと思ったけど別人でした

たぶん、ドSタイプです

軍資金20万円を全て使い買ったイス
ハルはガクのことを大切に思う気持ちが伝わってきますね

失った軍資金を埋める為、個人投資家と会うことに決めたハルとガク

この漫画、稲垣先生がかなり取材とかしてるらしいのでスタートアップが軍資金を集める時に事業計画とかあんまり決めてないのは本当っぽいですね

欲張って5千万円融資を受けようとするも失敗

最終手段として桐姫に会うことに

たぶん、ハルは最初から桐姫から融資を受ける気だったように思えます

あと投資家のアポはサークル経由で取っていたっぽいので2人ともそこそこ良い大学は出ている気がします

第3話 1,000,000$ GAME

ジムだからという理由で偽ウエイトを準備してくるあたりが計算高い…!!

そして偽ウエイトを紛れ込ませてハッタリで押す!!

稲垣理一郎っぽい…!!

桐姫はトレーニング中も耳飾りは外さないんですね
何か大切なモノなのだろうか

仲のいい友人同士での企業は必ず壊れる

しかしそこは友情パワーでなんとかするという少年漫画のような回答

桐姫は何となく社長令嬢という立ち場に甘んじず、有能な人っぽい気がします

第4話 桐姫フィッシング

1億円の出資の代わりに桐姫の持ち株比率を51%にすること

つまり会社を乗っ取るという事ですね

とりあえずはその場は好意的に受け取り流しているのがあまり敵を作らない良い作戦だなと思います

なんかの野外イベント会場で知らない人と仲良さそうに飲んで連絡先交換しているのが陽キャすぎる…!!

“あの”桐姫が出資するという発言が別の金を生む…!!

す、凄え…

そしてセクチャンのチーム名がめっちゃ広告笑

このメールアドレスにテキトーにメール送ったらちゃんと返信きたのが凄いです!!

第5話 お前なら勝つだろ

セクチャン予選当日、他のチームは4人がかりでやる所をガクは1人でやることに

その頃ハルは絶賛合コン中

日が落ち始めた頃にガクはとうとう諦める

そこにハルがやって来てガチのハッカーに対抗する為、アマチュアPC使い100人組をzoomで繋げて対抗する…!!

一生モノの時計を売って手土産の資金を作ったハル

ハルの為に絶対に勝つことを宣言するガク

ハルのコミュ力の成せる技ですね
自ら営業をやると言うだけありますね

そしてこの100人zoom会議でルールの穴を突くのは稲垣節炸裂してます笑

ハルからガクへの信頼や期待も物凄いですね

第6話 タッグ

ハルがチャーハンを作ったのは得意料理だからですかね?

いかにも男が作りそうな料理です笑

QRコードは黒い■を一部分、微妙な感じのグレーとかにしとくと、好きな確率で偽サイトや支払い先に飛ばせる

これ、初めて知りました…
QRコードとか今流行ってますからこういうこと知れるのは面白いですね

ハルは専門的な知識はないけど”勘”は冴えてますね

宝は全ての始まりに埋められている

これ、普通に最初の動画かと思いましたよ

でも始まりも始まり
チーム名の入力フォームとは驚いた…

ガクも一緒に会社がやりたいと宣言
ハルとガク2人の思いが一つになりましたね

ハル達に興味を持った投資家の人の靴底が凄え…

第7話 ワルい男

桐姫の本名は黒龍キリカとかなり厳つい名前
ほんとに本名…?

ハルはブチギレ桐姫に対しても怯まず対応してるのが流石のコミュ力

大会での勝負
勝ったら桐姫をワンナイト
負けたら一生奴隷

ハルはガクの方がモテると思ってるんですかね?

同じスーツ姿でも金持ちのガクと昔のガクでは比べると全然違いますね
金持ちのガクは髪を流してて大人っぽい笑

桐姫の服装は何!???
胸元どうなってんの????

ハルは神主!????
もっと意味不明だよ!!!
しかしこれが勝つための仕込みとは一体どう言うことなんでしょう…

稲垣先生は奇想天外な発想の頭脳戦が多いイメージなので正解が楽しみです

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事