六話:ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできましたのネタバレを少し

みなさんどもです。

今回も漫画をネタバレします。

今回紹介する漫画はこれです。

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』です。

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』ってまんが王国で読むと良いんですよ。

この漫画って色々な電子書籍サービスにて読むことができるんですよ。

僕はその中でも『まんが王国』で読むことをおすすめします。

【2021/03/18】現在では『まんが王国』にて8話を配信しているんですけど、他の電子書籍サービスだと4話までなんですよ。

つまり『まんが王国』だけ、3話程先行配信されているということです。

せっかく漫画を読むなら話数が進んでいる方が良いですよね!!

それと、僕はこれまで数多くの電子書籍サービスを試してきたんですけど、その中でも一番使いやすかったのが『まんが王国』だったんです。なのでみなさんにもおすすめしたいです。

この記事の下でも『まんが王国』については少しだけですがまとめていきます。また、下の記事には『まんが王国』について詳しく書いてあるので気になった方はそちらもどうぞ。

6話の感想

ここでは『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました:6話』を読んでみて思ったところをまとめていきます。

冬吾と結との距離が離れてるなあ・・・。

前回の話くらいから冬吾と結との心の距離が離れていっているような気がするんですよねえ。

逆に紫との距離は縮まっているような気がして、今回の話でも距離が大分近くなっていました。

これは紫エンディングなんですかね?

冬吾にはもっと頑張ってもらいたいものです!!

5話の振り返り

学校のない休日、結には仕事があった。

それは母親からの指令で冬吾と紫を叩き起こすというものだった。

その話を聞いた紫は自分が楽しみたいだけだろと母親につっこむが、わかっているなら自分で起きろ。こちらはめんどくさいんだと注意していた。

もう何回か起こしているが、全くなれなかった。男子の部屋への免疫はまったくなかった。それそうだった。引きこもりの対人恐怖症だったのだから。

今朝は紫の部屋から入ることに。

結は紫の部屋の扉を開ける。

寝顔だけは年下に感じていて、思わずかわいいと感じていた。

叩き起こすようなことはせず、起きてと囁く。

紫はとても幸せそうな顔でおはようと話す。

だが、そのまま寝てしまった。

これを5回繰り返して、ようやく紫は目覚める。

次は冬吾の部屋だった。

部屋を開けるととんでもないゴミ屋敷だった。

学校では王子と呼ばれている冬吾だったが、家庭内ではダメ人間だった。

先週片付けたはずなのにと結は怒りながら朝ごはんできてるよと伝える。

冬吾は目を覚ましてハグとキスで起こしてと呟く。

結は即答で嫌だと答える。結、紫と冬吾との間には間があった。

それはゴミがたくさん置いてあったからだ。

冬吾はどうして結と紫はいつも一緒なのかと聞く。

寝起きの冬吾の危険度レベルから結の安全性を考慮した結果だそうだ。

翌日、結は学校で丹羽に冬吾が最近変だということを相談する。

アレは元々変だ。と答える丹羽。

確かに、前ほどガツガツはしてこない気がしていた。とりまきが落ち着いたから警戒といたのかと思っていた丹羽。

しかし、結はそれは違うと思っていた。

自宅では、紫に触れるチャレンジをしていた結。

今日は紫の前髪だった。

紫は目を瞑って、結は深呼吸をしながら手袋越しで触れる。

そして紫は自分がどう映っているのかと聞く。結が触れたことで黒くなっているのかと。

結は手袋しているから黒くなっていないよと返す。

結の触り方は少し乱暴になっていき、紫はゆっくりでいいから優しく触ってくれとほほ笑む。

結は紫がキレイと感じた。柔らかい髪の毛を触って冬吾の髪の毛もそうなのだろうかと考える。

すると、冬吾が帰ってきて、自分に一体何を考えているんだと自問自答する。

冬吾はリハビルするかと話してくる。

今日は手だった。

冬吾は結の隣に座って結と手を繋いで、1分間寝ようとする。

結はそんな冬吾をみて面倒になってきたのかと考え始める。

翌日、冬吾は学校で紫との会話を思い出す。

紫は結の事が好きだ。姉弟として以上にと冬吾に話す。

それを聞いて冬吾は言葉が出なかった。

色々無駄なのはわかっているが言っときたかっただけ。そう話す紫。

東吾は自分は結が好きだ。相変わらず大好きだ。それしか言えなかった。

紫は少し微笑みながら、なんだそれ知ってるし。紫もだろ。と話した。

夜になって、自宅では父親は結にみんなお風呂からでたから入って良いぞと話す。

結は母親と1分間リハビリしてから入ると伝える。

頑張っている結をみて、言おうか迷っていたことを話す。

離婚した母親のことだ。年に一度だけお見舞いに毎年行っていた。

母親は元々、繊細な人で父親が仕事で家をあけてばかりだったから責任を感じていた。

結は高学年になるころには結に会いたいと言っていた。だが会わせる訳にはいかなかった。

今でも会わせるつもりはなかった。

しかし、去年再婚して来年旦那と海外に移住することになったそうだ。

最後かもしれないのと、最近の前向きな結に母親のことを言わないままでいたら10年後の結に怒られそうな気がしていた。と話す。

とりあえず、来年までゆっくり考えてくれと伝えた。

結は会えば症状が良くなったりするのか。顔も覚えていない母親に会うのは怖かった。

6話について少しだけネタバレします。

昼休み、結は丹羽と外でランチをしていた。

丹羽はとても機嫌がよかった。

最近余計な奴が来ないからだそうだ。

すると、紫がやってきて弁当を忘れたと言ってきた。

紫は結局、2人と一緒にランチをすることに。

しばらくして、丹羽は冬吾の元へと行った。

冬吾は紫と結が良い感じになっている所を目撃する。

丹羽は結が最近素手で紫に触れていることを伝える。

アンタは何も思わないのか。毎日澄ました顔をして本当に腹が立つ。自分はすごく悔しい。自分以外、誰にも触らせたくないと丹羽は話す。

1年かけても結の症状を軽くしてあげられない。冬吾は結が大事とか治したいとか口ばっかで挙句、今ではなんにもなかった様に知らんぷりして逃げ回って結を不安にしている。

そう怒る丹羽。

「まんが王国」について少しだけ説明しますね

ここでは『まんが王国』について少しだけですがまとめていきます。

下の記事には『まんが王国』について物凄く詳しくまとめてあるので、詳しい情報を知りたい方は下の記事をどうぞ。

「じっくり試し読み」のここがエグい!!

サービスとしては普通の試し読みなんですけど、量がエグいんです!!

普通、電子書籍サービスの漫画の試し読みって2,3話くらいなんですよ。でも『まんが王国』は違います!!

『まんが王国』だと『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい平気で読める場合があるんです!!

支払い方法は多い方が良いですよねえ

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上にあるのが『まんが王国』で使える支払い方法たちになっています。

いやあ、多いですね!!

最後に

それにして、冬吾と結の距離は近くなるんでしょうかね。

気になります。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事