復讐の教科書 3話のネタバレをちょいと 崩壊していく遊井の人生

どもです!!

今回も漫画をネタバレします。

今回紹介する漫画はこれです!!

『復讐の教科書』です!!

『復讐の教科書』ってまんが王国で読むと良いんですよ!!

『復讐の教科書』には主に3つくらいの購入方法が存在しています。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上記にあるのがその購入方法たちになっています。

僕はこの中でも『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を最もおすすめしています。

最近って感染してしまうということで、外出とかは自粛したいですよね。

電子書籍なら誰にも会わず、自宅から出ないで購入することができるので安心です!!

また『復讐の教科書』は様々な電子書籍サービスにて読むことができます。その中一番おすすめしたいのが『まんが王国』です。

僕は今まで数々の電子書籍サービスを試してきましたが、その中でも一番使いやすかったのが『まんが王国』だったんです。

この記事の下の方でも『まんが王国』については少しだけですがまとめていきます。そして下の記事は僕が過去に『まんが王国』について物凄くまとめておいたやつなので気になった方はそちらもどうぞ。

3話の感想

ここでは僕が『復讐の教科書 3話』を読んでみて個人的に気になった箇所をまとめていきます。

いやあ、遊井クズだなあ

まあ遊井がクズなのは1話を読んだ時からわかっていたことですがね(笑)

今回は白鳥(黒瀬)の目の前で黒瀬はただの自殺だと言ってしまって黒瀬の怒りに火が点いてしまったんですよねえ。

そこで黒瀬はついつい殴ってしまったんですけど、気持ちはわかります。

てか遊井がチョロすぎますわ(笑)

2話の振り返

黒瀬は今日も今日とて不動たちにいじめられていた、

不動たちは今日はこれくらいにしてやると言って、また明日と去り際に放った。

黒瀬は何がまた明日だ。もう一生関わらないでくれと呟く。

すると、遊井が戻ってきてお金は奪われなくて良かったじゃんと言ってきて黒瀬のサイフからお金を抜いた。

どうやら黒瀬がバイトを始めたことに気づいたそうだ。

今度のコンクールで不動の肖像画を描くことになって、高級な画材が必要だそうだ。

黒瀬は自分で稼げばいいじゃないかと話すが、働いて手を怪我したくないと言って黒瀬を蹴った。

そして、不動たちにバイトをやっていることを知られていいのか。もしそうなったら1人5万円はとられるぞ言って、自分だけだったら3万円に負けてやると脅した。

黒瀬は修学旅行の積立金だから返してくれと頼むが、遊井は友達もいないのに行く意味ないだろと返した。

黒瀬は自分には教師になる夢があるから学校行事は経験しておきたいんだと必死に訴える。

遊井はバットを持って自分の夢は世の中に良い影響を与えられるけど、君の夢は世の中にとって害悪。君に存在価値なんてねえだろと言ってバットを振り下ろす。

そこで黒瀬は目を覚ます。

起きると過呼吸になっていて、汗もびっしょりだった。

白鳥と入れ替わってから8日がたった。

白鳥としての生活は何とか過ごせているが、自分をいじめてきたあの5人には復讐心が募るばかりだった。

無論、白鳥の人生に迷惑はかけられないので殴り殺して捕まるようなことはしない。

なぜならイジメはただ殴られるから痛いわけじゃないからだ。

復讐をするのであれば各々にとって『意味のある痛み』を与えるべきだ。そう考える黒瀬。

まずは遊井からだった。

学校では何やら騒ぎになっていた。

遊井の不動の肖像画に大きな傷が入っていた。

一体誰がやったのかと生徒の中では噂になっていた。

昼休みになっても遊井は胸糞が悪くて気が滅入りそうだった。

すると、白鳥(黒瀬)とネネ先生が教室にやってきて話をするそうだ。

体育の時間に女子の下着がなくなったそうだ。

まだ、盗難かどうかもわからない。だが遊井の絵が壊されていた件といい、最近風紀が乱れていると話題になっているのでこれ以上風紀を乱さないためにも持ち物検査をすることになった。

当然、生徒たちは勘弁してくれと話すが、遊井は協力しようとみんなに呼びかける。

これ以上厄介ごとが起きるのはもう御免だと話した。

黒瀬は男子。ネネは女子。と検査をしていく。

黒瀬は一人一人の検査を念入りに時間をかけて検査をして、ネネはもう終わりそうだったので男子の分も検査することになった。

そして、ネネが遊井の検査をすることになってネネは思わず『え?』と声が出てしまう。

女性用下着が入っていたのだ。

遊井は必死に違うと言うが、ネネは盗んだと確信する。

そこに黒瀬がやってきて、ここは事を荒立てずに放課後に話をしようとこの場を収めた。

当然、仕込んだのは黒瀬だった。

会議室で遊井と黒瀬とネネの三人で事情を話し合いすることになった。

遊井は下着なんて盗んでいないと弁解するが、ネネは全く信用していなかった。

一旦、黒瀬はネネを部屋から出した。

黒瀬は疑っていないと遊井を安心させるが、このままじゃ停学処分どころか画家になる夢にまで支障がでるかもしれないと遊井を脅した。

夢どころか人生終わりだとも話した。

黒瀬は泣いたふりをして一緒に解決策を考えよう。

お前の事は俺が命にかえても守ってやると話した。

黒瀬は無実を証明するには真犯人を見つけるしかない。だが真犯人が本当の犯人である必要はないんじゃないのか。と言って遊井をそそのかした。

遊井はクラスメイトである藤川リュックに下着をいれた。自分の夢の為に踏み台になれあざ笑う遊井。

その現場をネネに見つかってしまう。

3話のネタバレをちょっと

また、あの三人で会議室に行った。

ネネはもう上に報告しないといけないと黒瀬を説得するが、黒瀬は遊井はそんな奴ではないと庇う。

黒瀬は本気で画家になる夢を応援していたのにと言って、高級筆を見せた。

遊井は黒瀬からカツアゲしても買えないほどの高級な筆だ。と喜んだ。

黒瀬はこんな状況じゃプレゼントしても意味ないかと呟く。

遊井は土下座をして、罪をなすりつけようとしたことを認めた。

だが、下着は今日買ったもので実際に被害者は出ていないと訴える。

黒瀬は半日時間をくれと言って、ネネを部屋から出した。

去り際に黒瀬の件といい、2年B組は問題が起き過ぎだと呟く。

遊井はあんな奴と一緒にしないでくれ。黒瀬はただの自殺だ。僕の冤罪だ。僕は好きで迷惑かけてませんよと呟いた。

黒瀬は遊井の左顔面に右フックをかました。

「まんが王国」について少しだけ

ここでは『まんが王国』について少しだけにはなりますが、まとめていきます。

僕はこれまで色々な電子書籍サービスを試してきましたが、『まんが王国』が一番でした。

下の記事には『まんが王国』について詳しく載っておりますので、気になった方はそちらもどうぞ。

「じっくり試し読み」ってすごいんですよ

普通、電子書籍の漫画の試し読みってだいたい2,3話くらいなんですよ。

でも『まんが王国』だと『じっくり試し読み』の対象にさえ入ってれば2,3巻くらい平気で読める場合があるんです!!

支払い方法ってたくさんあると良いですよね!!

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

いやあ、多い以外の言葉が見つかりませんね。

最後に

遊井の他の復讐が楽しみです!!

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事