12話:デブとラブと過ちと!のネタバレをちょいと 感想も一緒に 現場へ行く夢子

どんもー。ご機嫌いかがでしょうか。

今回ネタバレする漫画はこれです。

『デブとラブと過ちと!』でございます。

まんが王国で『デブとラブと過ちと!』読むことをおすすめします

『デブとラブと過ちと!』は主に3つの方法で購入方法が分かれます。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上記にあるのがその購入方法たちなんですけど、僕は当然『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』をおすすめします。

この購入方法であるならば外出することなく購入ができるんです。

今の時期、外に出るのが怖いと思います。感染する可能性があるので。

だからこそ!電子書籍は今の時期にピッタリなんですねえ。

そしてこの漫画は色々な電子書籍サービスにて読むことができるんですけど、僕は『まんが王国』は一番いいんじゃないのかなと思っています。

12話の感想

こちらでは僕が『デブとラブと過ちと!の12話』を読んでみて個人的に気になった箇所をまとめていきます!!

明らかに事件性プンプン。

僕は自殺をしようとは思ったことがないんですけど、本当にすぐにでも死にたかったらどこで死にますか?

今回の話では夢子の自殺場所でもある廃ホテルに南と谷川と共に向かいました。

場所は西東京の村なんですけど、わざわざそんな遠い所で死のうとしますかね。

これ絶対他殺ですよ。一体誰が夢子を殺そうとしたんでしょうか・・・。

11話の振り返り

夢子は優の言っていた事を思い出してショックを受ける。

トボトボ帰っていると、周りにケツをみられて笑われていた。

何事かとガラスで自分のケツを確認してみると下着が丸見えだった。

困っていると誰かが後ろから羽織るもので覆い被せてくれた。

尾行していた南だった。

夢子はまた尾行していたのかと南に怒る。

南はこれが自分の仕事だ。結城とはぐれたのか。彼なら子どもとアイスを買っているぞと話すが、夢子はもう帰るところだからと言ってタクシーに乗った。

そのタクシーには南も付いてきた。

なんで南も乗るんだと聞くと、その背広は自分の一張羅だから返してもらわないと困ると答えた。

夢子はこんなことしたってあなたのことを良い人だなんて思わないと返した。

南はそれは結構。あいにく自分はあんたの彼氏とは違うんだと笑う。

夢子は酷く落ち込んだ。彼氏ではない。彼院は他に好きな人がいるんだと呟く。

南はじゃあなぜ今日、結城につきまとっていたんだ。と聞く。

買い物しようとしていたら偶然、彼と優がいて父親ではないと言っていたが『ケースケはママが好き』と言っていて、よくだっこでよしよししているそうで、口元も似ていたし実は結城が父親なのかもしれないとため息をついた夢子。

南はあの子どもについて教えた。

彼は前園優。5歳で前園課長と妻の梨香子の一人息子。どういう理由かは定かではないが、現在は梨香子の実家で面倒をみている。

結城は時々ああやって遊び相手になっているそうだ。恐らくは両親の別居を不憫に思っているのであろうと話した。

それを聞いた夢子は安心する。やっぱり結城は優しい人だと呟く。

そうこうしていると、夢子の実家に着いた。

夢子と南は二人で家に入った。

玄関に来た母親はショックを受けていた。その恰好は一体何なのか。というかその男は誰なのかと。

南は自分が捜査一課だということを伝える。

母親は夢子が何かしたんじゃないのかと焦る。

夢子は事情を話してやると、母親は安心してどうぞお引き取り下さいと伝える。

南は少しお宅の中を拝見してもと尋ねた。

夢子の自殺未遂の件だが、他殺の可能性があることを知っているかと母親に聞いた。

母親は初耳だった。

ドアの外では近所の目があって、なにやらヒソヒソ話をしていたのでとりあえず中に入れた。

すると、母親が夢子にそんな恰好で歩かないでくれ。家の中が汚れる。一体外で何をしてきたのか。みっともないから着替えてこいと怒った。

そして刑事に他殺の可能性とはどういうことなのかと聞く。

現場に争った形跡があっただけだと答える。

南は大きな鏡を見つけた。

どうやら夢子がネットで注文したそうだ。以前の夢子は鏡どころが洗面所の物まで叩き割っていたそうだ。

南はなぜそんなことをするんだと聞く。

鏡に映る自分の醜い姿を見たくないからに決まっている。なのに今度はこんな大きな鏡を買って迷惑だと返した。

そして、何か分かったら自分に一番に教えてくれ。あまり大っぴらにしたくないのだ。近所の目もあるのでと話すと、南は呆れて夢子の部屋へと向かう。

着替えは済んだか、部屋を少し見せてもらいたいと尋ねると、夢子はダメだと焦って答えた。

南は何か見られてはマズいものでもあるのかと思い、勝手に開けた。

中では下着が干してあった。夢子は信じられないと怒った。

南は地味な部屋だなと呟く。

夢子は部屋は地味が好きだった自分の証だと答えた。

そして、時々頭に刺すような痛みがあると告白した。

割れた鏡の中で泣いている自分。スマホのカメラに映る結城。そして刃物、どなり声。

南はいったい誰がどこでと問い詰めるが、夢子は思い出せなかった。

夢子は自分の記憶が戻るのが怖かったと伝える。

でも結城がどうなっても自分は自分で、変わらず友達にいてやると話していて、もう怖くないと宣言する。

南が買える際に、母親がさっきの話について考えておいてくれと頼んだ。

南はさっきから何を心配しているんだ。

娘が傷だらけで帰ってきたらまず無事を確認するのでは。娘の安否よりご近所にどう思われる方が大事なのかと追いつめる。

夢子は少しばかり心配性なだけだと援護する。

南はふき出して、帰っていった。

帰る南を夢子は追いかけた。

そして南は過去を思い出したら、『以前の夢子』が守っていたものを壊すことになるかもしれない。それでも怖くないかと聞く。

夢子はもちろんと答えた。

それを聞いた南は折り入ってあんたに頼みがあると話した。

12話をちょこっとだけネタバレ

頼みと言うのは事故に遭った現場に向かうことだった。

夢子は行ってやろう。お安い御用だと返してやった。

よかった。なら明日の日曜、事故に遭った時間に合わせて16時に向かうと伝えた。

そして翌日、谷川と南で西東京のさざれ村というところへと向かった。

夢子は向かう途中、なぜこんな離れたところで自分は死のうとしたのかと考えるのであった。

「まんが王国」は本当におすすめしたい。

ここでは『まんが王国』について少しだけですがまとめていきます。もっと詳しく知りたい方は下の記事へどうぞ。

「じっくり試し読み」というのは本当に素晴らしいです

僕は『じっくり試し読み』のためだけに『まんが王国』を使う事を決めたと言っても過言ではありません。

普通の電子書籍サービスの漫画の試し読みと言えばせいぜい2,3話くらいなんですよ。

でも『まんが王国』は違うんです。

『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい読める場合があるんです。

支払い方法の多さに驚き

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

これだけ多くの支払い方法に対応しているのであればみなさんに合う支払い方法があると思います!!

最後に

絶対他殺ですね・・・。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事