十二話:デブとラブと過ちと!をちょびっとネタバレ 感想も 南ヤベー奴

みなさんどもです。

今回はこの漫画を紹介していきます。

『デブとラブと過ちと!』でございます!

『デブとラブと過ちと!』はまんが王国にて!!

この漫画は主に3つの方法にて購入方法が分かれているんです。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのがその購入方法たちなんですけど、僕はやっぱり『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』をおすすめします。

この購入方法であるならば外出したり誰かと接触するという行為をしないで済むからです!!

ここ最近、感染するかもしれないということで出来るだけ、リスクは減らしたいと思うんです。

電子書籍ならその点の心配はいらないと思います!!まさに今の時期にピッタリですよね。

さらに、『デブとラブと過ちと!』は数多くの電子書籍サービスにて読むことができるんですけど、僕は『まんが王国』を利用しての閲覧をおすすめします。

『まんが王国』は僕が今まで試してきた電子書籍サービスの中でも最も使いやすかったものなので、ぜひみなさんにも試していただきたいです。

また、後で『まんが王国』について少しまとめていきます。もっと詳しく知りたい方は下の記事をどうぞ。

11話の感想

こちらでは僕が『デブとラブと過ちと!の11話』を読んでみて印象に残ったところをまとめていきます。

これって法的にありなのか・・・?

前回、優の風船をとってあげた夢子でしたが、それのせいで服がボロボロになっていて下着が丸見えでした。

そこで備考していた南が自分のジャケットを腰に巻かせました。

そして夢子はタクシーに乗っていくんですけど、南が付いてくるんですよねえ。

これってありなんですかね。タクシー代割り勘なんですかね。ものすごく気になりました(笑)

10話の振り返り

梨香子を自宅に入れた結城。

会うのはホテルでと決まっていたであろう。社長である梨香子の父親からもそう言われていると話す。

梨香子はとても怯えた様子で、あの日の事が夢に出て怖いと話す。

結城は梨香子の隣に座って、刑事が事件を疑っていることを伝える。しかし何も知らないと言ったから大丈夫だと安心させる。

梨香子は彼女の記憶はと尋ねて、結城は首を横に振った。

もし自分になにかあったらあの子、優はどうなるのと話す梨香子。

母が自分といるとあの子が不安定になるだろうからと会わせてくれない。妻としても母としても失格だと自分を貶す。

お願いだからあの子に会ってやってくれ。ごめんねと伝えてくれ。あの子は結城のことが大好きだからと泣きながら頼む梨香子。

一方で玉井は夢子にデートはどうだったのかと聞く。

夢子はジャマが入ったせいで下着の出番がなかったと不満をあらわにしていた。でもお互い下の名前で呼び合う事にしたと報告する。

そこで夢子は結城が悲しい顔で『今日はお開きにしようか』と話していたことを思い出す。本当に進展しているのか。近づいたと思ったらパッと離れてしまう。何を考えているのかわからないと語る。

玉井は焦らない。わからないから惹かれ合うのだ。押すばかりが能じゃない。そういう時はディナーのお礼に何かプレゼントをするのはどうだろうかと提案する。

夢子はナイスアイディアだと喜ぶが、よくよく考えると結城の好きな物、嫌いな物がなにもわからなかった。

自分は結城のことを何も知らないんだなと落胆するが、これから知る楽しみがたくさんあるということだとポジティブに捉えた。

メールで聞くのはさすがにないと思った夢子は結城を観察することに。

1日中、会社にいる彼を観察したが仕事にマジメすぎてわからなかった。

そうこうしている内に休日になってしまって、夢子は街中をブラブラと歩く。

そして、気づいたら会社に来ていた。そもそも会社に行く道しか知らなかった夢子であった。

するとエントランスから出てくる私服姿の結城がいた。

夢子はせっかくだからランチを誘うと思ったが、子どもが結城の手を繋いでいた。

夢子に衝撃が走った。まさかの子持ちだったことに。しかも結城の事を『ケースケ』と呼んでいたのだ。

結城はどこに行きたいか子どもに聞く。遊園地と答えたので2人は遊園地に行くことに。ついでに夢子もついていった。

さらに夢子の後ろには南と谷川がいた。

遊園地につくと、2人はとても楽しく遊んでいた。

夢子は子どもの口元が結城に似ていると感じるのであった。

子どもが風船をもらって喜んでいる2人の姿をみていると、夢子は申し訳ない気分になって帰ろうとする。

結城は会社から電話がきていて、その隙に子どもは自分の好きな戦隊ヒーローを見つけたのでそっちへ駆けていくことに。

すると、他の子どもにぶつかって風船飛んで行ってしまう。それを追いかける子ども。

気に引っかかったが届かなかった。そして泣き出した。

その泣き声に夢子は反応して助けに行ってやった。

パパとはぐれたのかと聞くと、パパじゃない。ケースケだと答えた。

もしかしたら親戚の子かもしれない。と夢子は期待を胸にする。

そして名前を聞く。子どもはゆうくん。と答えた。

夢子はさらに事情を聞いて、パパやママにまた買ってもらったらと提案する。

ゆうは母親は病気で会えない。父親も怒っていなくなった。結城は遊んでくれるけど時々すごく悲しそう。風船も逃げた。みんな自分のことが嫌いなのかと呟く。

それを聞いた夢子は頭痛がした。

母親に謝っている小学生時代を思い出す。

ごめんなさい、夢子グズで。ダメな子で。ごめんなさい。と。

夢子は母親の病気も父親が怒っているのも結城の悲しみもゆうのせいではない。もし自分はいないほうがいいなんて思っていたらそれは大間違いだ。

ゆうがいなくなったらみんな泣いてしまうと言って、風船を取ってきた。

夢子の姿はとてもボロボロだった。

そしてケースケの好きなものを聞いた。

やきそばとプリン、青。そしてママ。いつもだっこしてよしよししていると話した。

ゆうは結城を見つけて探している結城の元へ駆けて行った。

2人は抱き合った。夢子の姿はもうなかった。

そして、さすがの夢子もこれにはへこんだ。

11話をちょこっとネタバレ

ゆうが話していた結城はママが大好き発言。それは恋人ということかとがっくししながら帰る夢子。

すると、まわりの人に夢子のケツをみて笑っていた。

どうしたのかとガラスで確認してみると、スカートが破けていて下着が丸見えだったのだ。

そこで後ろから服を覆い被せてくる者がいた。南だった。

夢子はまた尾行していたのかと怒るが、これが自分の仕事だ。と返して、彼氏ならガキとアイス買っているぞと教える。

だが、夢子はもう帰るところだと言ってタクシーに乗った。

そこで南もタクシーに乗ってきた。

「まんが王国」をぜひとも試して欲しい

上でも話した通り、ここでは『まんが王国』について少しだけですがまとめていきます。

そしてもっと『まんが王国』について知りたい方は下の記事をどうぞ。

「じっくり試し読み」がすごい

普通、漫画の試し読みと言えば多くても2,3話くらいなんですけど、『じっくり試し読み』の対象に入っていると2,3巻くらい読めてしまうケースがあるんです!!ロマンですねえ。

色々な支払い方法に対応しているって素敵じゃない!

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上にあるのがその支払い方法たちなんですけど、やっぱり多いですよね。

最後に

南、懲戒免職とかにならねえのかなあ。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事