8話:デブとラブと過ちと!をちょっとネタバレ&感想 恋の進展きた!

ごきげんようです。

今回も漫画をネタバレします。

今回紹介していく漫画はこれなんです。

『デブとラブと過ちと!』を紹介します。

『デブとラブと過ちと!』を読むならまんが王国以外ない!

この漫画は大体3つくらいの購入方法にて分かれます。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上記にあるのがその購入方法たちになるんですけど、僕は当然『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』をおすすめしています。

この購入方法であるならば外出する必要もないし、誰かと接触する必要もないんです!

最近って感染するかもしれないということで外出は控えたいですよね。僕もそうです。

電子書籍はまさに今の時代にピッタリなんです。

ちなみにこの漫画は結構色々な電子書籍サービスにて読むことができるんですけど、僕は『まんが王国』にて購入することをおすすめしたいです。

僕は今まで数多くの電子書籍サービスを試してきましたが、その中で一番使いやすかったのが『まんが王国』だったんです。

後で『まんが王国』については少しだけにはなりますが、まとめていくので気になった方はぜひそちらもお読みください。

また、過去には『まんが王国』について物凄く詳しくまとめた記事を作成していますのでそちらもどうぞ。

8話の感想

こちらでは『デブとラブと過ちと!の8話』を読んでみた僕が感想をまとめていきます。

え、これってありなんか・・・?

夢子はいつものように公園に来たんですけど、そこには勇気はいなくて秘書がいたんです。

そして秘書が親展として封筒を夢子に渡していました。

中には結城の連絡先が書いてあったんです。

これって会社的にありなんですかね。

気になりました(笑)

7話の振り返り

公園から職場に戻った夢子は驚く光景を目にする。

みんなバタバタしていたのだ。もしかしたら新商品のポテチができないかもしれないとのこと。

どうやら台風の影響でいつものイモが不作で営業部が他の農家をあたっているがなかなか上手くいかないみたいだ。

その様子を見ていた前園は荷物をまとめて、数日空けておくから留守を頼むと伝えた。

現地に行くそうだ。営業がすでに言っているが営業にはわからないこともあるだろうとのことだった。

それを聞いた夢子は自分もついていくと話した。

これは自分の企画でもあるし、知的な美女がいた方が交渉に有利だろうと付け足した。

それを聞いた前園は呆れるように息を吐いて1分で仕度しろと伝えた。

ちなみに現地は北海道だった。

出る前に玉井が泊りになるかもしれないから気を付けてねと声をかける。

前園は奥さんと別居中だから寂しさのあまりに手をだされないようにねと冗談まじりで警告する。

だが、夢子は確かにそうだ。自分と一夜を共にしたら男はみんな狼になってしまうと言った。

前園と夢子が出発しようとしている時に結城と出くわす。

結城は北海道に行くのであろう。自分も連れて行ってくれと頼んだ。

だが、前園はそれをガン無視して横切った。

夢子は大丈夫だと手を握った。お土産楽しみにしててと言って旅立った。

前園と夢子は飛行機などに乗って現地に着いた。

そこには広いイモ畑があった。

どうやらこの畑は山に囲まれているお陰で台風から逃れているそうだ。

すると、「またあんたかい」の声が聞こえた。

どうやらこの畑の持ち主だそうだ。

前園はかしこまって、お宅のジャガイモを提供していただけないかと聞く。今までにない商品ができると思うと話す。

お菓子にするようなイモは作っていない。それにあんたらは大きくしろだの形を均一にしろだのうるさい。自分のイモはこのままが美味いんだと答えた。

そして、夢子をみて『よし子!?おめ よし子っしょ!』と話す。

しかしよくみたら夢子じゃないなと冷静になる。

しばらくするといい匂いがしてきた。

ちょうどイモを吹かし上げたところだった。

農家がよし子の大好物だったものだと言って、イモを食べようとした。

その時に物欲しそうな顔で夢子は農家を見つめた。

思わず農家はイモを分けてやった。そして夢子は美味しそうに食べて、回収されるイモを見て触った。

形はとてもいびつな物ばかりで、夢子は驚いた。

農家は味は良いが形はと呟こうとしたら、夢子はいいじゃないと言った。ひとつひとつ全部違って、普通のイモなんてないんだと夢子は呟く。

前園は新商品に賭けている。譲ってくれと丁寧にお願いした。

農家は二人の熱意にこたえて、イモを提供することを伝えた。ちなみによし子は農家のかわいがっていたブタだそうだ。

買える際、夢子はものすごい量のお土産を持って歩いていた。

前園は社員全員に配るつもりかと聞く。どうやらほとんど自分のものだそうだ。

前園は経費で落としてやると言って、運んでやった。

電車のなかでは夢子はザンギのおむすびを食べていた。

あの農家は最近みつけたそうだ。いくらアタックしても八方塞がりだったが、今回は夢子がいて助かったと話す前園。

夢子はジャガバターとフライドポテトが大好きで前園は何が好きなんだと聞く。馴れ馴れしくし過ぎたかとハッとなるが、肉じゃがと答えてくれた。

奥さんが作った肉じゃがが好きだそうだ。不器用な人で指をバンソーコーだらけにして初めて作ってくれた肉じゃがが美味かったみたいだ。

夢子は前園になぜいつも難しそうな顔をしているのか。もっと口角を上げて歯を見せて眉間のシワを伸ばして笑ってくれと話す。

前園は言われたとおりにやるが下手くそで、それをみた夢子は思わず笑ってしまう。

笑っている夢子のすがたをどことなく奥さんに似ていることを感じた前園。

そして別れ際に夢子はこんなことを伝える。

副社長と何があったのかは知らないがあまり冷たくしないで欲しい。物凄く落ち込んでいた。

不倫については自分は信じていない。なので前園も奥さんを信じて欲しいと伝えた。

少し7話をネタバレします

夢子は昨日の北海道のお土産を持って公園に行った。結城に渡すつもりだった。

だが、いたのは秘書だった。

秘書は夢子に親展と言って封筒を渡した。

最近忙しくなってきて、公園に行けない日が続くみたいだ。

何かあったらいつでも連絡してほしい、と結城の連絡先も書いてあった。

夢子は結城の連絡先をゲットしたということで大喜びだった。とりあえずスタンプでも送ろうと思ったが、いい女は自分から連絡しないと思いじらしプレイに持ち掛けた。

そして会社についてお土産とともにあいさつした。

茂森がイモの件はどうなったのかと聞くと、おいしいイモが確保できたと答えた。

茂森は以前の夢子からは考えられない。自分もアタマを打ったら変われるかなと呟く。

玉井は茂森はアフロだからクッションになって頭守られそうと呟き、夢子はなんで茂森はアフロなのかと聞く。

玉井はハゲ隠しだと予想して、夢子は隠すことはない。男性ホルモンがみなぎる証拠だと話す。

茂森は突然元気をなくした。

「まんが王国」は僕が今まで試してきた電子書籍サービスの中で一番使いやすかった

ここでは『まんが王国』についてちょこっとだけ説明します。また、過去には『まんが王国』について詳しくまとめてあるので気になった方はそちらもどうぞ。

「じっくり試し読み」が最高

量がとにかくすごいんです。

『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい平気で読めてしまう場合がありますからね。

多彩な支払い方法に驚き

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

これらが『まんが王国』にて使える支払い方法になっています。

最後に

今回は玉井のセクハラ的発言がありました。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事