4話:デブとラブと過ちと!のネタバレをちょっとと感想

みなさんどもです。

今回も漫画をネタバレしていきます。

今回も漫画をネタバレします。

『デブとラブと過ちと!』をネタバレしていきます。

『デブとラブと過ちと!』を読むならまんが王国で!!

この漫画っておおよそ3つくらいの購入方法にわかれるんですよ。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのがその購入方法になるんですけど、僕は『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を一番におすすめします。

ここ最近、外に出るの怖いと思うんですよ。感染するかもしれないですもんね。

電子書籍なら誰にも会う事もないし外に出る必要がないので感染するリスクを抑えられるんですねえ。

また、『デブとラブと過ちと!』は様々な電子書籍サービスにて読むことができるんですけど、僕は『まんが王国』にて読むことをおすすめします。

僕は今まで様々な電子書籍サービスを利用してきましたが、その中で一番使いやすかったのが『まんが王国』だったんですねえ。

この記事の下の方でも『まんが王国』については少しだけにはなりますがまとめていきますので気になった方はそちらもどうぞ。

そして、下の記事には『まんが王国』についてものすごく詳しくまとめてあるので、詳しい情報を知りたい方は下の記事もどうぞ。

4話の感想

こちらでは『デブとラブと過ちと!の4話』を読んでみた僕が思ったところをまとめていきます!!

副社長と課長の関係性とは・・・?

前回、夢子が公園で出会っていた男が自分の会社の副社長であることが判明しましたね。

副社長と前園にはなにかがありそうなんですよねえ。

副社長が前園に挨拶してもまったく無視していましたし。きっと何かがあるのでしょうね。

3話の振り返り

夢子は机の引き出しを開けてみると何も入ってない事に気づく。

どういうことなのかと困惑していると前園が16時からプレゼンがあるが大丈夫なのかと聞いてきてもちろんと答えた夢子。

時計を見ると11時だった。どうすればいいのかと悩む夢子。

もしかして盗まれてしまったのかとまで心配する夢子。とりあえず周りに自分のノート10冊を見かけてないかを聞く。

一方で玉井はロッカー室にいた。

なんと、ノートを持っていたのは玉井だった。これさえ無ければと呟きロッカーの中にノートをいれて鍵を閉めた。

すると玉井の名前を呼ぶ者がいた。前園だった。

夢子の新商品の資料を手伝ってやれと言われた。前園がそれだけ言って去っていくときに玉井はどうして夢子の案でいくことにしたのかを聞く。

最近はずっとヒットを生み出していなくて、たまにはああいうキテレツな案もいいだろうと考えだった。

玉井は自分も企画書を出していたのだがと話すと、前園は見たけど平凡で印象に残らなかった。上に見せてもおなじだろうと返されてしまう。

前園に言われたことがショックだったのかふらつきながら仕事場に戻る。

そこでは夢子がノートを探していた。社員たちはいっぺんに10冊無くなるなんて誰かが盗んだのかもしれない。仮にそんな奴がいたら一緒に仕事なんてしたくないと話していた。

夢子は試作品に気を取られてしまっていて資料を作れていなかった。

大急ぎで資料を作っていて、わからないことがあって玉井に聞くと玉井はいなかった。

職場ではみんな玉井を必要としていた。携帯もデスクに置きっぱなしだった。

夢子は午前中に質問をしようとしていてそれ以降見ていない気がすると話す。

前園も見かけていた。夢子は何か話したかと聞く。

『お前の企画は平凡で印象に残らん』と言ったと返してきた。

前園はいない奴のことなんてほっとといて仕事をしろと言ってきた。

夢子は今まで玉井に優しくしてくれたことを思い出す。

夢子は社内のいたるところを探しまくる。

今度は外へと出る。どうしていなくなったのか。今朝自分が変なタイミングで質問したからなのか。今どこで何を思っているのかという思いを胸に玉井を探す。

そして最後に知っている場所である公園に着いた。

そこでは玉井はポケーっとしていた。

夢子はあなたがいなくてみんな困っていると、話す。

それに対して玉井は自分がいなくても誰も困らないと返す。

そして自分がノートを盗んだことを自供して見せてやった。

なんでこんなことをしたんだと夢子は聞く。

玉井は悔しかった。どんなに勉強しても努力しても一番欲しいものは手に入らない。自分だってお菓子が好きなのに。

入社してから2年半未だに企画が通ったことがない。夢子も同じかと思っていて安心していた。

でも違う。無能なのは自分だけだった。だから笑ってるしかない。与えられた仕事をこなすしかない。と語ってノートを拾上げて夢子に渡して謝り、もう会社には戻れないと言おうとした瞬間。

夢子は玉井の手を握って一緒に戻ろうと伝えた。ノートなんていい。自分は玉井がいないと困る。記憶を失ってなにもわからなかった自分に声をかけてくれた。確かに自分のアイデアはすごいけどあなたの努力家で勉強熱心なところだって同じくらいすごいと思っている。

今度自分自身の事を無能といったら許さない。と伝えた。

玉井は泣きながら夢子と一緒に会社に戻っていった。

職場に戻ると前園が叱ってきて、まわりの男性社員が玉井をご飯に誘ってきた。

だが、玉井は夢子のプレゼンが最優先で忙しいと断った。

プレゼン1分前になんとか準備が終わって、いよいよ上層部がやって来た。

なんと、その中には例の副社長の姿があった。

4話をちょこっとネタバレしますか

2人入ってきて、手前にいるのが副社長でその後ろが社長だと玉井に教えてもらう。

手前にいたのは公園の男だった。

とりあえず手を振ってみたが無視されてしまった。

まさかの別人なのかと夢子は考える。

副社長は前園の元へいって、挨拶をするも無視されてしまう。

そしてプレゼンは始まった。

夢子はポテチについて話し、試作品であるラムネ味のポテチを出した。

副社長はまじまじ見て近づけたり嗅いだりして、最終的に食べた。

だが結果はダメだった。

発送は斬新で面白いが味も見た目ももう一歩、インパクトが足りない気がすると話した。

夢子はあと一歩で良いのかとポジティブに捉えた。

「まんが王国」はとてもすばらしいです。

ここでは上でも少し話した通り、『まんが王国』についてまとめていきます。

また、下の記事には『まんが王国』についてものすごく詳しくまとめてあるので、詳しい情報を知りたい方はそちらまで。

「じっくり試し読み」のすばらしさに気づいた。

これは僕が『まんが王国』に登録することになったきっかけでもあります。

普通の電子書籍サービスの試し読みって2,3話くらいになるんですけど、『まんが王国』は違います。

『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい読めてしまう場合があるんです!!当然無料ですよ!!

支払い方法がたくさんあるっていいですね!

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

上にあるのが『まんが王国』にて使える支払い方法たちになっています。

これだけあればみなさんにあう支払い方法があるのでは?

最後に

いやあ、若くして副社長って何やら理由がありそうですけどね。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事