第四話:夏目アラタの結婚のネタバレを少々 アラタの過去が少しわかる

みなさんお元気ですか!!?

今回も漫画のネタバレをします!!

今回紹介していく漫画はこれです!!

『夏目アラタの結婚』を紹介していきます!!

『夏目アラタの結婚』はまんが王国にて読むことをおすすめします

この漫画は主に3つの方法にて読むことができます。

購入の種類
・実際に書店に行って購入するパターン
・通販で購入するパターン
・電子書籍サービスを用いて購入するパターン

上にあるのがその購入の種類なんですけど、僕はこの中でも『電子書籍サービスを用いて購入するパターン』を一番おすすめします。

この購入方法なら自宅から一歩からでる必要がないし、誰にも会わず購入できるのでぜひともみなさんにおすすめしたいです。

そして『夏目アラタの結婚』は比較的色々な電子書籍サービスで読むことができるんですけど僕はその中でも『まんが王国』で購入、閲覧することをおすすめします。

『まんが王国』は僕が今まで試してきた電子書籍サービスの中で一番使いやすかったのでぜひともみなさんにもおすすめしたいです。

また、後で『まんが王国』について少しだけですけどまとめていきますので気になった方はそちらもどうぞ。

そして下の記事では『まんが王国』についてものすごくまとめてあるのでより詳しく知りたい方はそちらを読むと良いですね。

4話の感想:一番悪い事

こちらでは『夏目アラタの結婚の4話』を読んだ僕が個人的に思ったところをまとめていきます。

今回の真珠は基本的にずっと口を開けてるんで少し残念です・・・。

情緒が不安定すぎる。

まあ2話の時からやばい雰囲気は出まくっていましたが、今回の話でもなかなか情緒が不安定でした。

いきなり婚約届の話をしてきて、アラタが今日は書いてきてないと言うととんでもない表情でアクリル板に顔をぶつけてました。

婚約届の話をするまではとてもニコニコしていて、婚約届を持ってきてないと知ってから顔が怖くなりました。ハンターハンターのナニカみたいでした(笑)

3話の振り返り

アラタの家にやってきた男はトビラの前に達や否や、真珠と結婚するのは本当なのかと聞いてきた。

彼は襟についた弁護士バッチを見せてきて、真珠は後援者やマスコミに会うには会うが手紙はめったに書かないそうだ。だがアラタからの手紙だけは返している。それどころがプロポーズをされたから相手の生活態度を見てきて欲しいと言われたそうだ。

アラタはとりあえず近所の目があるから、部屋に上がらせた。宮前はアラタの何が真珠を変えたのか気になった。

家は独り住まいに最適化しているため、1人用ソファに二人で座ることに。

宮前はさっそく話に入った。この前の手紙でようやく住所がわかった。今までの住所は私書箱だったからだ。と言ってきた。

やはり、卓斗の住所を探っていたのだ。アラタは自分と真珠がまだ赤い糸に繋がっていると感じた。

次にアラタへの質問攻めになった。

公務員と聞いているが一体どこで働いているのか。そしていま付き合っている方はいるのか。既婚歴はどうなっているのかなど。

アラタの考えとしては結婚はしたくなかった。気軽に一人で遊びにいけないし、子どもができたらタバコは換気口の下で吸わないといけないからだ。

自分のまわりの夫婦もお互いの神経をすり減らしている者ばかりだった。

本当に婚姻届を出す覚悟があるのかと宮前は聞いてくるが、アラタは彼女は運命の女ですと答えた。所詮結婚と言っても自分たちの間に生まれるのはガラス越しのおままことだけだからだ。

『獄中結婚』

それは多くの場合は離婚に終わってしまう。死刑囚との結婚は周囲の理解があまり得られない。しかも死刑囚は孤独なので相手に対しての要求がどんどん大きくなっていっていく。

本当に大丈夫なのかと宮前は再度聞く。

アラタはやってみなきゃわからないと軽く返すと、宮前はやってみるじゃ困ると顔を近づけて叫んできた。

宮前は彼女の心はとても弱く、絶対に傷つけないでほしい。先日面会したときも、アラタに本気の愛をぶつけられて、もしも彼を信じることができたらこんな自分でも前向きになれるかもと泣きながら話してきたそうだ。

その話をきいたアラタは違和感に感じた。アラタの知っている真珠は絶対に泣かないからだ。

この印象が一致しない感じ、前に体験していた。学生時代、落ちこぼれだった真珠と、キレキレの今の真珠の時にもあった。

彼女は本当に品川真珠なのだろうか。とても学生時代に落ちこぼれだったという感じには思えなかった。

宮前は間違えなく本人だと語る。親類のDNA検査、近所の住人や小中学校の教師の証言。なにより彼女が少女の頃に一度会ったことがあるからだ。

たまに見かける近所の子で、いつも手づかみで大量の米とツナ缶を外で食べていた。

そんなに食べるとお腹を壊すよと忠告すると、もっと太らなきゃママが自分をいじめてると思われちゃうからと訴えてきたそうだ。その後児相に連絡してみると引っ越していなくなっていた。

一審の国選弁護団で真珠と再会した時にすぐに気づいた。変わった名前で面影があったらからだ。

一審が終わった後、弁護団からなぜか自分だけが真珠に選ばれた。これも運命なのか。

4話をちょっとネタバレします

アラタは帰ろうとする宮前に今度一緒に真珠に会いに行くから一緒に来ないかと誘った。

3人で顔を合わせた方が今後もスムーズに結婚話ができると話した。

宮前は真珠の事を無罪かもしれないと思っていたが、そんなわけはないとアラタは教えたかった。目を覚ましてくれればこちらの味方になるかもしれない。

真珠の見せるしおらしい顔とアバズレの顔、なんとかして素顔を覗こうと考えるアラタ。

翌日、二人で真珠の下へと向かった。

彼女の顔はしおらしくなくて元気だった。

宮前から児童相談所勤め聞いていたらしく、昨日一度面会をしていたそうだ。

アバズレモードの真珠に宮前もびっくりしていた。

そして、婚姻届書いてきてくれたよねと聞いてきた。

いきなり話が進んでアラタはビックリして今日はと呟く。

真珠はガラスに向かって顔をぶつけて、どうしてプロポーズしたのはアラタだ。騙したのかと訴える。

アラタは家族や職場がなかなか理解してくれない、もう少し時間をくれと話した。

「まんが王国」について少しまとめていきます

先ほども話に上がりましたがこちらでは『まんが王国』について少しだけですけどまとめていきます。

そして下の記事ではもっと『まんが王国』についてまとめてあるので気になっているからはそちらもどうぞ。

この「じっくり試し読み」はすごいぞ!!

サービスの内容としては普通に漫画を試し読みするってものになるんですけど、量がすごいんですよ!!

普通の電子書籍サービスの漫画の試し読みってせいぜい、2,3話くらいなんですけど、『じっくり試し読み』の対象にさえ入っていれば2,3巻くらい平気でいってしまうんですよ!!

たくさん支払い方法があります

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

これらが『まんが王国』にて使える支払い方法たちなんですけど、非常に多いですよね。

ちなみに僕はauかんたん決済を使わせてもらっています。

最近ではめっぽう減りましたが、電子書籍サービスの中にはクレジットカードの支払いにしか対応していないってのがありますからね。

最後に

なんか、真珠には謎の魅力があるんですよねえ。

では!!

おすすめの記事