【約ネバ】実写映画化!!主演は浜辺美波!!漫画のあらすじも!!

2020年冬に約束のネバーランドが浜辺美波主演で実写化されるそうです!

引用:コミックナタリー

約束のネバーランドは2019年にアニメ化し大ヒット。原作漫画の発行部数は1600万部超え。2020年にアニメ第2期の開始が予定されている大人気作品です。

あらすじ

孤児院で暮らす主人公エマ。定期的に里親が見つかり孤児院を出る子が現れるが実は外の世界を支配する鬼と呼ばれる存在へ食料として出荷されているのだった…。そして仲間と協力し、孤児院を脱出する事を決める…

引用:週刊少年ジャンプ公式サイト

主演浜辺美波とは?

浜辺美波さんは原作ファンで電子コミックも買っているそうです。そんな浜辺さんの代表作は「咲き-Saki-」「賭ケグルイ」「君の膵臓を食べたい」「センセイ君主」などがあります。漫画の実写化は2つも出ていて2つとも評価は高いですね。

引用:https://spice.eplus.jp/articles/166507

引用:ドラマ 賭ケグルイseason2

咲きと賭ケグルイになります。役柄としては2つとも女子高生の役で浜辺さん自身の年齢ともあっています。ですが約束のネバーランドは主人公の年齢は12歳です…。

なんと⁉︎

主人公のエマ達の年齢が12歳から16歳へと引き上げられているんだとか…!

浜辺さんに配慮しての事でしょうがあまり原作の設定を変えるのは個人的に受け入れ難いですね…。「約束のネバーランド」という作品は12歳の主人公が幼いながらも年下の仲間たちを引っ張って必死で生き抜く様を描いている作品なのだから同じ「約束のネバーランド」というタイトルで作品を作るなら原作に忠実に再現して欲しいです。

個人的な意見

僕は漫画の特に舞台が異世界の漫画の実写化は反対なんですね。原作と設定が変更されている事が多いですがそれが許容出来ない。原作とはまた違った作品になっていますとか制作側のキャストは言いますが違うんだと、原作が好きだからそのまま完璧に再現して欲しいんだと‼︎

でも、異世界が舞台のものはそれがかなり難しい。まず人種的な壁が大きいので実写化は諦めるべきだと思います。あとは物語がしっかり完結しない事が多いですよね。世界観が壮大すぎて2時間では描ききれない。僕はその映画の上映時間内に全てを描きしっかりと物語を完結させるべきだと考えているので1エピソードしかやらず、根本的な問題解決が出来ずに終わるとすごいモヤモヤします。

逆に現代の日本が舞台の作品は実写化されても良いんではないかと思います。例えばですけど「デスノート」や「寄生獣」「亜人」「バクマン」など今思いついた作品を挙げてみても結構いい仕上がりになっている作品が多いです。デスノートや寄生獣は前後編ですが1エピソードではなくしっかりと物語が完結しています。亜人とバクマンは原作から設定が変更されていたりしますが作品の売りとはあまり関係がないので気にすることもなく見れました。

現代の日本が舞台だと世界観が広がり過ぎず、映画の上映時間内に収まるので見終わった後もスッキリします。

以上、僕の個人的な意見でした〜!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事