『ひゃくえむ。』『チ。━地球の運動について━』の作者・魚豊の経歴や読切まとめ

マガポケ『ひゃくえむ。』週刊ビッグコミックスピリッツ『チ。ー地球の運動についてー』の作者、漫画家・魚豊先生のTwitterや本人のインタビュー情報についてまとめました。

ペンネームの由来

あー、これは、「鱧(ハモ)」が好きなのと、何となく居酒屋っぽいからという理由でつけたんです。「鴨肉鱧肉(かもにくはもにく)」とか「虎視眈々麺(こしたんたんめん)」とかいろいろ考えていて。
ただ、編集部から「勘弁してください」と言われてしまったので、「福は内!鬼は外!」を短くしたものにしようと思ったら、平賀源内さんがすでに使っていたんです! 江戸時代に同じこと考えている人がいたのかよ! というところで諦めて「魚豊」に。

シリアスな漫画なのに作者名がふざけていたらバランスがいいかなぁと思って(笑)?

経歴

東京都出身の漫画家。
(本人曰く近くに映画館があり映画を見に行きやすい環境だった。)

一人称が”僕”なので男性の可能性が高い。

学生時代は美術部。高校の時体育は苦手だった。

小学2年生の時にサンタはいないと悟った

中学生まではギャグ漫画ばかり読んでいた。

中学1年生
週刊少年ジャンプで連載していた『バクマン。』のアニメを見て漫画を応募し始める。
この時に『賭博黙示録カイジ』を読んで衝撃を受ける。
ギャグ漫画ばかり描いていた。

高校1年生
高1の終わりにジャンプで小さい漫画賞を貰う。
この時に受けた倫理の授業に強く影響を受ける。

高校2年生
夏に打ち合わせしてジャンプの編集とは合わないと感じマガジンの方へ応募し担当についてもらう。

高校3年生
入賞しネットに漫画が載る。

卒業後
19歳の時に雑誌に漫画が掲載させる。
その後マガポケで『ひゃくえむ。』を連載開始。
現在はビッグコミックスピリッツで『チ。ー地球の運動についてー』を連載中。

過去の読み切りや連載

特別奨励賞 「100M」 中島魚豊 作品を読む

入選 「佳作」 魚豊 作品を読む

読み切り『執刀』

2017年の別冊少年マガジン7号に掲載された『佳作』が19歳の時に描いた作品だとしたら2021年の時点で23歳か24歳ということになります。

その他情報

作業環境はワコムのモバイルスタジオ16でクリップスタジオを使っている事がわかります。

好きな漫画6選としてカイジの福本作品と『DEATH NOTE』『闇金ウシジマくん』『ピンポン』『寄生獣』『亜人』

他にもTwitterで言及している漫画は『ヒストリエ』『ペーパーホラーショー』
『BLEACH』は読んでないそうです。

好きな映画は『セッション』『タクシードライバー』『桐島、部活やめるってよ』『第9地区』

デスループものも好きなようでTwitterで言及していました。
『セッション』『たまこラブストーリー』『夜は短し歩けよ乙女』『オールユーニードイズキル』

他の言及していた映画は『もののけ姫』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『千と千尋の神隠し』『インターステラー』『セッション』

音楽で言及していたのは
SOUL’d OUT/イルカ
ルイ・アームストロング/What A Wonderful World
RADWIMPS/グランドエスケープ
コシモトユイカ/ホロウハーツ
Joji /Sanctuary
‘Beacons On Yr Side / All Instrumental Music is Jazz Even Bach & Mogwai’ on

アーティスト名だけだと
時速36km 34(三銃士) amazarashi

テレビ番組は「いろはに千鳥」を見ているようです。

三島由紀夫のエッセイが好きだと言及していました。

参考にしたメディア

“絶対”なんてないから面白い! 『ひゃくえむ。』魚豊先生に聞く人生の醍醐味! 前編

“絶対”なんてないから面白い!『ひゃくえむ。』魚豊先生に聞く人生の醍醐味! 後編

【PERSONAL FILE】漫画家 魚豊 ベタでも誰かの背中を押せるような漫画を

注目の100m走漫画 作者が明かす『カイジ』から学んだ駆け引き

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事