泥濘の食卓の2話を少しネタバレ 勘違い女って怖いなあ

みなさんこんちはっす!!

今回も漫画のネタバレになっております!!

今回紹介する漫画はこれなんです!!

『泥濘の食卓』になっています!!

『泥濘の食卓』はまんが王国で読むべし

現在【2021/01/12】現在ではこの漫画は『まんが王国』でしか読めない事が確認されています。

なので『まんが王国』でしか読めないということですね。

しかし、僕の予想だとその内コミックシーモアやめちゃコミックでも読めるようになると思います。

それでも『まんが王国』で読むことをおすすめします。それは先行配信されている可能性が高いからです。

電子書籍サービス界って初めに配信し始めたところを先行配信させる場合が多いんですよ。なので今回もそうだと思います。

他にも『まんが往古k』をおすすめできる理由はいくつかあるので下の方に少しまとめていきますね。

僕はこれまで数多くの電子書籍サービスを試してきましたが一番使いやすかったのが『まんが王国』でした。

過去に『まんが王国』について詳しく載せた記事を作成しているので気になった方はそちらもどうぞ!!

2話の感想

ここでは『泥濘の食卓の2話』を読んだ感想をまとめます。

お、主人公ヤバいねえ

前回、那須川に別れて欲しいと言われてしまった深愛。

今回の話では那須川にLINEをしても既読にならないからと言って家の電話と住所を入手して家を見に行っていました。

普通にヤバいですね。

そもそも那須川は結婚していて自分が不倫相手という自覚がないのかもしれませんね。

これ那須川が深愛にやられてしまう日も遠くないですね。

1話の振り返り

幼少の頃、主人公の捻木深愛は父親にこう言われた。

お前は何の取り柄が無いのだからせめて人に優しくして人の役に立ちなさい。そんな父に対して深愛は色々教えてくれたのに何も返せなくて私は本当に不出来な娘だなと思っていた。

場面は変わって現在の深愛へ。

深愛は既婚済みのバイト先の店長である那須川からプレゼントとしてピアスを貰った。

深愛はピアスを開けていなかったからどうしようと考えていたが、ちょうど開けたいと思っていたと嘘をついて喜んだ。

那須川は深愛の太ももの上で寝転んで深愛といると安らげると言ってきた。

深愛は心から那須川の事が好きで今すぐにでも嫁になりたくて生涯を共に過ごしたかった。

そして、行為をして時間を見ると20:35だった。

深愛は急いで着替えて家に帰ろうとする。門限が21時までだそうだ。そんなことをしていると母親から連絡がきて那須川が電話に出た。

すると、とても口上手く説明して母親も納得して電話を切った。

那須川はなんだか照れるなと言いながら携帯を返して、那須川の車に乗った。

車の中で深愛は来週末にごはんに行きたいと言った。

しかし、那須川はあまり期待しないでくれと言ってきた。どうやら自分の妻がウツ気味になっているらしい。

深愛は私がいるから大丈夫ですよと見当違いな返事をした。

那須川は若干引いていた。

深愛は家に帰ると母親がタバコ臭いと言ってきた、深愛は店長が吸ってるからうつったかもと言った。

母親は食べ物を売る人がタバコの匂いするだなんて、あの店で買い物をするのはやめようかしらと少しご立腹だった。

深愛は話を逸らすようにこのキンピラ美味しいねと言って作り方を今度教えてと言った。

母親はあなたはキンピラも作れないのか、あなたの旦那になる人が可哀想と言って顔はある程度かっこいいのを選べ。あなたと似たら子どもが可哀想だからと言った。

深愛は顔よりも性格で選びたいと返すと、母親は性格で選んでもちょっとしたことで人は突然変わったりするから何しても許せちゃう自分の好きな顔で選ばないといけない。それにかわいくない子どもなんて大嫌いと呟いた。

その日、お風呂上りに深愛は安全ピンで耳を開けた。すると母親がまだ起きていたのかと部屋に入ってきて深愛はとっさにタオルで隠した。

勝手にやったら絶対に怒られると思ったからだ。

翌日、バイト中宮原という者から来週のシフトを変わってもらえるか頼んできて捻木は大丈夫と返事した。

それを聞いていた田中が最近ずっと出ているのではと話してきて、捻木は私はヒマなので大丈夫ですと返した。

深愛は大量のデコポンが入った箱を無理して運んでいるととある青年とぶつかってしまってデコポンは散乱して青年は泣いていた。

仕事を覆えた深愛は帰ろうとするが、店の前に先ほどの青年がベンチで寝ていた。

深愛はお詫びとしてミルクココアを渡した。

深愛は彼のパーカーの下にある制服を見て学校を言い当てて学校は昼間に終わったのかと聞いた。

その青年は焦りながら親と学校には言わないでもらえないでしょうか。すぐに帰るので。と言って深愛は親御さんが心配するでしょうと聞くと、家に帰りたくないと言ってきた。

深愛は寄り添って誰にも言いませんよ、誰だってそういう時がある。私は朝8時から16時までだいたいここで働いています。どこにも行く所がないのであればここにいてもいい。自分でよかったらいつでも話を聞くと言ってやると会釈をしてどこかに行ってしまった。

翌日、バイトの休憩中同僚の児玉という女性が深愛の耳にピアスが開いていることに気づいた。

安全ピンで開けたと答えると意外とパンクだねと言った。

すると、那須川がやってきて児玉が捻木が不良になったと見せびらかした。

バイトが終わった深愛は那須川の車に乗って夕飯を食べることになった。

車の中で他愛のない話をしていて、食事中に那須川は別れて欲しいと言った。

2話をちょいとネタバレ

深愛は自分のなにがいけないのか聞いた。

那須川は妻のうつがひどくなって今、うちが大変なときでここで踏ん張らないといけないからと言って、深愛は優しくてかわいいから他に深愛のことが好きになってくれる人はたくさんいるよと言って本当にごめんと謝った。

その日は自分が何がいけなかったのか寝れなかった深愛。

次の日が仕事だったためなんとか出勤した。

今日は那須川が休みだった。どうやらカゼで休みますと当日欠勤だったそうだ。

中村に那須川の電話番号を聞くと緊急連絡票を見せてくれて家電と住所が載っていた。

電話番号を知った深愛はさっそく那須川に電話をすることに。しかし出てこなかった。なので留守電に何か自分が手伝えることはないのかと言葉を残した。

仕事が終わると例の青年に声をかけられた。

どうやら深愛から話しかけられたことが本当にうれしくてお礼がしたかったそうだ。

お礼を言われた深愛は泣き始めた。

「まんが王国」をみなさんにおすすめしたいです!!

こちらでは『まんが王国』について語っていきます!!

また、下の記事にはさらに『まんが王国』について深く掘り下げた内容を入れているので気になった方はそちらもどうぞ!!

「じっくり試し読み」をぜひとも

『じっくり試し読み』これは『まんが王国』に存在する優良サービスの内の一つなんですけどこれがすごいんですよ。

他の電子書籍サービスの試し読みが2,3話なのと比べてこっちは普通に2,3巻くらい読めちゃいますからね。

支払い方法がたくさんあるのです!!

支払い方法
・spモード
・au かんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・atone(翌月コンビニ払い)
・楽天ペイ(旧楽天ID決済)
・Amazon Pay
・LINE Pay決済
・Apple Pay決済
・WebMoney
・クレジット決済
・ペイペイ決済

もう多いの一言に尽きます。

最後に

これ深愛が闇落ちするオチですかね。

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事