話題の漫画『あせとせっけん』のネタバレ感想

最近オススメの漫画としてよく見る『あせとせっけん』を読んでみたのであらすじや評判、口コミをまとめていきます!

匂いフェチの人とかは共感出来る?内容になってるのかな…自分はあまりよくわかりませんでしたけど…

あらすじ

女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。
デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。
でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて……?
多汗女子と嗅覚男子の、超純愛フェチラブコメ、爆誕!!

登場人物紹介

八重島麻子(やえしま あさこ)

この物語のメインキャラクターです。
女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップの経理部で働いているOLです。

重度の汗っかきで子供の頃に「汗子」と呼ばれて虐められていた事から常に着替えやデオドラント商品が手放せない生活を送っている。

リリアドロップの新作石鹸を眺めていたところ、その石鹸を開発した商品開発部の名取から麻子の匂いを嗅ぐとアイデアが湧いてくると言われ会社の為に匂いを嗅がせることに。

そして名取と仲を深めていく。

名取香太郎(なとり こうたろう)

この物語のもう一人のメインキャラクターです。
女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップの商品開発部のプランナー。

石鹸を開発していて鼻がよく効く。麻子の匂いを嗅ぐといいアイデアが浮かんでくるので会社の為にも麻子の匂いを定期的に嗅がせて欲しいと頼む。

これをきっかけに麻子と仲を深めていく。

1巻感想

最初は名取が麻子の匂いを嗅ぐためにグイグイ詰め寄るんで匂いフェチでも何でもない自分はドン引きしました…

あとキャラクターの上瞼の描き方がどうしても気になってしまってそれも相まってこの漫画は自分には合わなかったなと思いました。

ただ第2話で痴漢に襲われている麻子を助けた名取はカッコよかったです。
(痴漢犯の犯行も名取と同じ匂いを嗅ぐことだが)

香りを嗅いで興奮状態にあるのは同じですが
名取が痴漢犯と明確に違うのは麻子の匂いを嗅いで使用しているデオドラント商品を全て当てていることです。

なんて言えばいいんでしょう…香りマニアとあう言い方が1番近いんですかね。

痴漢犯は女性にしか興奮しないでしょうけど名取は男性でもいい香りがすれば香りを嗅ぐと思うんですよね。
だから名取は痴漢犯とは明確に違うと言えるのです。

それにしても匂いがコンプレックスの女性と匂いフェチの男性の恋愛を描くという設定は挑戦的でインパクトがあります。

私のように「うわぁ」となる人もいればめちゃくちゃ刺さる人もいる両極端な可能性があるのに人気があるのは素直に凄いなと思いました。

この漫画は社会人同士の恋愛を描いている漫画なので付き合う前に結ばれたりするけれども麻子は恋愛経験がゼロなので初々しい反応をするのが面白いなと思いました。

例えば名取が忙しく連絡が返ってこず不安になる麻子だったり社内恋愛で違う部署で働いている名取が女性と話していて嫉妬してしまうなどです。

少年漫画のラブコメよりもリアルで共感しやすいなと思いました。

個人的には名取が匂いを嗅ぎまくること以外は不快感なく読めたのと嫌なキャラがいないので減点方式で漫画を採点すると匂いフェチの方とかは100点になるんじゃないでしょうか。

いい意味でハラハラドキドキする漫画だなと思いました。

ネットの評判

1巻まで読んだ感想です。 どの立場が言ってるんだって感じですが、作者さんは、人や場面の見せ方が上手!! ヒロインもヒーローも大好きになりました 心情や感情を表す表現が多かったので、とても読みやすかったです! 登場人物たちの何げない会話が優しさに溢れていて、癒されるマンガだと感じました 自分もこんな恋してみたいなぁ笑 まだ1巻しか読んでいませんが、購入して得しかない気がします!次巻を読むのが楽しみです!!

青年誌だし、男子的フェチエロな感じかな…と思っていたら、全然違いました! フェチはフェチだけど本人大真面目なのがイヤらしくなく、むしろ笑えます。 登場人物がみんないい人(でもわざとらしさがない!)で、素直でまっすぐでひたすら爽やか!なんども読み返してしまいます。 心理描写やキャラ設定が丁寧なのも読み応えがあっていいです。 続きが気になって一気買いしちゃいました、買って損ナシ、おススメです!

オススメに出てきて試し読みしたら見事にときめきハマりまして、全巻購入しました。恋愛ご無沙汰だったので恋ってこうだ!と思いました。ときどきページめくるの止めて息継ぎしないと苦しくなるくらいキュンとします。 魅力的なのは繊細な2人の心の描写が絶妙なこと。 男性側も女性側も心情がうまくかかれてて、どんな人が読んでもときめきます。名取さんも麻子さんもものすごくかわいいし人間性がよい。リアリティもあり、明るい甘いものしかでてこない世界。漫画に滅多にハマらないのですが、何年かぶりに漫画を買いました。この漫画に出会えてしあわせです。

ほんっと可愛い。 一気に大人買いしてしまった。 悪い人が誰もいなくて、主人公の2人は素直で可愛い。こんな風に人に愛されるって幸せだなぁ、こんな風に愛されたいなぁ、って思いました。 続き楽しみです!

全てまんが王国のレビューの引用なのですが悪い人間がいないから不快感なく読め、心理描写も丁寧なのが人気の理由かもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事