女子高生×空手『瞬きより迅く‼︎』1巻ネタバレ感想

『華麗なる食卓』で有名なふなつかずきが描く、ウルトラジャンプで連載中の女子高生×伝統派空手漫画『瞬きより迅く‼︎』コミック第1巻のネタバレ有りの感想レビューをしていきます。

引用元:集英社『瞬きより迅く‼︎』ふなつかずき

あらすじ

ドジでコミュ障の女子高生・小花井日葵。気の弱い自分を空手で救ってくれた憧れの先輩に近づこうと、同じ高校に入学したのだが、待ち受けていたのは、引っ込み思案の自分が引き起こしたお先真っ暗の高校生活だった…。
そんなある日、校舎内で憧れのあの人を目撃し、追跡するのだが、そこに日葵の運命を変える出会いが待っていた…‼︎
引用元:ウルトラジャンプ『瞬きより迅く‼︎』

第1話はあらすじ通りの内容で普通の部活モノの第1話って感じです。

引用元のリンクから第1話試し読みができます。

この漫画の魅力

ネタバレ有りの感想に行く前にネタバレなしでこの漫画の魅力を伝えていきたいと思います。

伝統派空手について知らなくても楽しめる!

この漫画は伝統派空手を取り扱った作品です。
伝統派空手って何?ってなった方。大丈夫です。主人公の小花井日葵(ひまり)と一緒に覚えて行くことができます。

因みに解説すると空手は実戦を想定して相手に攻撃を当てるのが極真(フルコンタクト)空手です。こちらはキックボクシングに近い格闘技です。

そして『瞬きより迅く‼︎』に出てくる空手は伝統派空手です。

こちらはフルコンと違って突きや蹴りは攻撃ではなくポイントを取る手段なので寸止めor軽く当てるくらいです。防具も着けて安全面に気を使い競技性を重視した空手です。

オリンピックの競技になってるのもこちらの方です。
私も6歳から12歳まで伝統派をやっていました。

そしてこの漫画では伝統派空手を知らない方も分かりやすく解説が入っていたりキャラクターの感情の変化なども繊細に描かれていて空手に1ミリも興味が無くても楽しめます。

絵が綺麗でわかりやすい

作者のふなつかずき先生は可愛い女の子のエロ寄りの描写を多く描いてきたので綺麗でわかりやすい絵が描けるのです。
※今作にエロ描写はありません。

組手の描写もとてもリアルです。

もしかして作者は空手経験者…?

あと、シンプルに女の子が可愛いですね。

背景もしっかり描き込んでいて漫画としてもちゃんとしています。

以下、ネタバレ有りの感想です。

第1話感想

王道なスポーツモノの第1話です。
ひまりを助けた生徒会長と真心は空手経験者のようですが生徒会長は空手部に入ってないっぽいです。たぶん今後空手部に途中加入する展開なんでしょうね。
あと同じクラスにも空手経験者がいましたね。
空手経験者の私から見てひまりが練習について行けるのか心配です。
もしかしたら挫折して退部するかも展開もあるかもですね。

第2話感想

初心者がいきなり後ろ回し蹴りは無茶でしょ笑
そもそも組手の試合でもあまりやらないと思います。基本的な回し蹴りで攻めて行くことが多いので。
でも最初にこの技を練習したという事は後々、重要な試合で後ろ回し蹴りで試合を決める展開があるのかなと思います。
同じクラスの空手経験者やっぱり入部しましたね!
顧問の先生それ体罰です笑
メジャーな雑誌だったら騒がれそうですね。
生徒会長、空手に何か嫌な思いが…?
でも後々わかり合って空手部に入部する気がします。

第3話感想

空手の基本的な知識が出てきましたね。
個人的に懐かしいワードが出てきてニヤニヤしちゃいました。
防具も懐かしい。
自分も運動部だったんで練習中に私語とかは許せないタイプです笑
いきなり組手…立ち方もなってないので動きも鈍く突きも受けれない避けれないのは当然ですね。

第4話感想

メンホーが緩いと当たった時ズレて危ないのはめっちゃあるあるです笑
描写が無いんで推測ですけどひまりは前足でしか踏み込んでないのかな?後ろで飛んで踏み込めば一瞬で間合いを詰めれるので蹴りの瞬間を狙わなくても突きを入れることができるなあと思いました。

まとめ

とにかく王道な展開ばかりですが空手でやるのは個人的に新鮮なので逆に楽しみです。
あと描写がとにかくリアルです。伝統派空手の漫画としては再現度が高く、空手入門としてピッタリかもしれません。
また物語的にも面白そうな展開が匂わせられており続きがとても楽しみな漫画です。
早く2巻が読みたいですね。

ちなみに私はいつもなら単行本を紙で買っているところ、今回は初めて電子書籍で購入したのですが電車の中などでも場所を取らず読めてとても便利なのでオススメです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事