アクタージュはアニメ化するのか?実写化するのか予想してみる。

週刊少年ジャンプで連載中の演劇漫画『アクタージュ』の人気がどんどん上がっています。

一部ではアニメ化するのでは?と噂が出ていますが、後から連載された呪術廻戦が先にアニメ化されたりと、先を越されています。そこで今回は本当にアクタージュはアニメ化される時が来るのか予想してみます。

引用:アクタージュ マツキタツヤ 宇佐崎しろ

最近アニメ化されたジャンプ系作品と比べる

近年のジャンプ系アニメ化作品のアニメ化発表時の巻数や部数を調べていきます。

鬼滅の刃 11巻(250万部)でアニメ化
ジャンプ本誌では2周年の表紙と巻頭カラー

Dr.STONE 7巻(部数不明)でアニメ化
鬼滅と同じく表紙と巻頭カラー

呪術廻戦 7巻+0巻(250万部)でアニメ化
同じく表紙と巻頭カラー

怪物事変 10巻(部数不明)でアニメ化

ド級編隊エグゼロス 7巻(90万部)でアニメ化

そして現在のアクタージュの状況は

アクタージュ 10巻(もうすぐ11巻発売)で2019年12月の時点で発行部数は200万部を突破しています。
という事は推測になるのですが現在の部数は250万届かないくらいだと思います。
因みに連載2周年を突破して人気投票もやってるくらいなのでアニメ化のオファーは確実に来ています!

アニメ化するとしたらいつ発表か?

売り上げ的にはアニメ化ラインまで来ているの既にアニメ化を承諾している可能性もありますね。

だとすればいつ発表されるんでしょうか?

新型コロナウイルス流行の影響で数々のアニメが放送延期になっているので、今年はないのではないかと予想します。

あるとすれば3周年記念の表紙と巻頭カラーで発表されるのではないでしょうか?

というか、アニメ化ではなく他のメディアミックスの可能性もありますよね。

実写化の可能性も⁉︎

アクタージュは現代が舞台で、特殊能力もなければ爆発が起きたり超人アクションもありません。

役者達が演技でバトルしている作品です。

なので今のジャンプでは1番実写化向きの作品なのです。

もしかしたらアニメ化ではなくて、実写化される可能性が非常に高いです。

もし実写化されるとしたら確実に舞台『銀河鉄道の夜』は外せません。

アクタージュの人気に火がついたエピソードで、舞台作品のお話なのですが、セットも少なく役者達の演技で魅せるという舞台構成です。
(私もここから読み始めた)

アクタージュは実写化されるとしたらかなり演技力が求められる作品ですがキャストはどうなるんでしょうかね?

実写化されるとしたらキャストは?

実写化なされた場合のメインキャストを予想してみます。

主人公の夜凪景には新人の女優さんを発掘して欲しい所です。

そしてライバルの千世子は広瀬すずが1番あっていると思います。ビジュアル的に。

黒山は山田孝之が何とか演じてくれそうな気がします。

ビジュアルを取るか演技力を取るかで配役もかなり変わってきますし、原作ファンもどちらを重要視するかは人によって違いますから難しいですね。

以上でアクタージュアニメ化?実写化?予想の記事を終わります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事