【感想】ミタマセキュ霊ティはつまらないのか!?実際に読んでみた

今週のジャンプから新連載の


ミタマセキュ霊ティ


を紹介していきます。

引用:週刊少年ジャンプ公式サイト

作者は一体何者!?担当編集者と白熱した議論!?

まずは原作者である「鳩胸 つるん」氏についてまとめてみようと思う。

性別 男性 出身 愛知県
代表作 剥き出しの白鳥

「鳩胸 つるん」氏のTwitter

原作者の代表作である「剥き出しの白鳥」この漫画はとても面白くて第4回「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門16位に入賞もしたことがあって私も読んでみたのですがめちゃくちゃおもしろかったです(笑)

少し紹介していくと

主人公の名前は白鳥で学力もあり運動神経もあって高嶺の花ですが実はとんでもない趣味があって

引用:一話

それは露出狂になることだ

引用:一話

基本的に一話完結なのでどの話をみても面白い。

ジャンプ公式サイトで何話か無料で読めるのでぜひ読んで欲しい。

そして原作者の名前である「鳩胸 つるん」の名前で編集者と議論したことがあるという
編集担当は鳩胸氏との思い出についてコメントを寄せ「『鳩胸』が苗字で、『つるん』が名前です。このペンネームにしたいと相談を受けた際、もっとカッコいい名前の方が良いのではと主張する担当と、このままの名前でいきたいと主張する先生とで、漫画の中身の打ち合わせですら経験したことがない程に真っ向からぶつかる白熱した議論になりました」と告白。
引用:ORICON NEWS
お金ははかかりますがここで全巻買えます

ミタマセキュ霊ティの感想

ルゥ
一見、へっぽこそうな主人公御霊だけど物語終盤になると涙によって強くなる所がギャップがあってかっこよかったなあ。前作の「剥き出しの白鳥」のギャグも入ってて面白かった!!
てか予想だけどこの下のシーンを読めばわかるけど絶対色んなタイプが出てくるよね(笑)
引用:一話

最後に

最近まではあまり見ることのできなかったギャグ漫画です。

正直に言えばこのまま連載し続けて欲しいです

では!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事