アンデッドアンラック最新話:14話ネタバレ&考察!!スポイル強すぎる!!

みなさんこんにちは!!

本題にはいるその前に!!

みなさん!!今マジで外に出ることができなくて退屈ですよね!!

僕自身も退屈なんですよ!!プロ野球も延期しちゃったりして、行動が制限されるってこんなに苦しいんだなあって!!

でも!!みなさん!!こんな時こそ僕たちの大好きな漫画やアニメに頼るべきではないのでしょうか!!?

電子書籍なら外にいかないで漫画が読めるしおすすめですよ!!

その中でも僕のおすすめは「コミックシーモア」ですね!!

ネットフリックスみたいに月額制なんで、月額の支払いをするだけで好きなだけ読めちゃうんですよ!!

それでは本題にはいります!!

今回の記事はアンデッドアンランック最新話の14話についてです!!

この記事をみる前に!!

この記事にはネタバレ要素が含まれていますので読むときは注意して読んでください。

ルゥ
いやあ、今回の話も最高でしたね!!スポイルという理の恐怖と強さがわかる話でしたね!!
それにしても、シェンかっこいい!!これからもっと活躍するだろうなあ。

今週の可愛い風子

とても強いスポイル。スポイルに勝つにはみんなの力を一つにするしかありませんでした。

その時に風子の体に触れることによってゾンビたちは不幸爆弾になってスポイルにぶつける。っていうシーンですね。

ルゥ
実を言いますと、表紙の風子と結構悩んだんですよねえ。
より多くのかわいい風子を紹介していきたいので、表紙と違うのを選びました!!
それにしても、この「よっしゃ来い!!」っていう風子プロレスラーみたいですね(笑)

今回わかったことのまとめ

その1:スポイルは変化していく

前回の記事にも書きましたが、スポイルはやっぱり変化しているそうですね。

スポイルは爆弾によって爆発を受けてしまい、倒れてました。しかし、ゾンビたちを含め色々なものがスポイルの吸い込みによって口に運ばれます。

しだいに、ゾンビたちを口のなかにいれてまるで人の姿の様な形になりました。

ルゥ
やっぱりこのUMAたちってだんだんと姿を変えて行って、星サイズまでの多きさになっていくのかなあ。
この理たちはまだまだわからないことだらけだ。

その2:否定者の能力はUMAにも通用する

スポイルが謎の腐らせるビームをアンディ、風子、シェンに向けるがシェンの能力で他のところに向きを変えていました。

スポイルも不思議そうな顔をしていました。

ルゥ
いくら否定者とはいえど、こんな化け物には効果がないと勝手に思っていましたが、まさかのバンバン効果アリですね!!
これならずっとシェンが見つめていればスポイルは行動できないんじゃないのか!!?

その3:アンディは中国語が喋れる

上のわかったところにもわかったように、スポイルのビームを能力によって他の方向に向けたとして、アンディが礼をしているシーンですね。

注目すべきはアンディが「謝謝」と言っているところですね。これは中国ごでシェイシェイと読みます。

アンディは日本語以外にも中国語を喋ることが可能ということでしょうか。

ルゥ
アンディってやっぱり何百年も生きているから中国語も覚えるなんて余裕なのかもしれませんね。
それと、恐らくロシア人であるジーナとも会話しているところからロシア語も話せるようですね。
というかあ、二話で世界中に秘密基地があると言っていたのでおそらく世界中の言語も喋れるのかもしれませんね。
そもそも、言語の概念があるかあやしい物語でありますが(笑)

その4:UMAにはフェーズがある

風子のゾンビ不運爆弾により、倒れこんだスポイルだったがゾンビを吸い込んで、新たな姿に。シェンはこれをフェーズ2と呼んでいて。
今まで、スポイルのテリトリーに入り、お腹のタイマーが0になったらゾンビになるというものでした。
しかし、フェーズ2ではスポイルに近づく、もしくはスポイルの放つ謎のビームにふれると腐っていきます。
ちなみにアンディ曰く、ビームにかんしては腐らせるというよりは分解に近いそうです。

ルゥ
なるほど。だんだん強くなっていくシステムですか。
しかし、なんのためにわけているのでしょうか。最初から腐らせればいいものを。
楽しんでいるのでしょうか。それとも、なにかの伏線ですかね?

その5:シェンの夢は「天下無双」

シェンの夢が「天下無双」ということがわかりました。

その時に確かに、シェンの腹の数字は増えていたので本当にこれが夢だということが裏付けられますね。

前々回の話でアンディと戦いたいと答えていました。

恐らくこの事も夢の内ということでしょうか。

ルゥ
これ、僕がこの間書いたシェン、神様説なくなりましたね(笑)
シェンの夢って意外と普通でしたね。

ちょこっと考察

ここを見る前に!!

ここの項目は妄想が含まれていますので読むときは注意して読んでください。

理と否定者と黙示録の関係性

こちらのシーンでは否定者のことを器と呼んでいます。

そして、9話では黙示録の言葉の中に「UMAバーン」「否定者不熱(アンバーン)」という単語が出てきました。

僕の妄想だと、否定者とUMAはそれぞれ対になっていて、器と言われている否定者とその器のなかにはいるUMAがいて一つになると理になるのではないのかと考えます。

そして、黙示録はUMAと否定者を作りし存在でUMAたちにも課題を出しているのではないのかなと思います。

ネットの声

シェンって天下無双とかそういう系だったんだ…。

やりたい放題やってる本、全ての元凶なのかもな。

シェンくんがいいキャラになるにつれ敵のボス格と相討ちになりそうな気配がしてくる。

最後に

やっぱり戦闘シーンは興奮しますね!!

では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事