漫画原作のオススメの実写化作品10選

マンガ原作の実写化作品が後を絶たないですが、脚本が微妙だったりキャストがあってなくて原作ファンから失敗と言われたりする作品も多いですが、今回は原作ファンも大満足する、オススメのマンガ実写化作品を紹介していきます。

映画DEATH NOTE

実写化作品の成功例で多くの人が思い浮かべると思うのがこの作品。

引用:シネマトゥデイ

藤原竜也が主人公の夜神月を演じ、ライバルのL役を松山ケンイチが演じました。

この作品の素晴らしい点は原作ファンが見たかったLと月の戦いで物語が終わっている所です。
原作ではニアメロ編がありましたが完全な蛇足だと思っている方も多いはず。

また、Lやミサの再現度、ビジュアルは似ていないのに演技力で完全に夜神月にしか見えない藤原竜也など漫画実写化の理想的な作品だと思います。

映画るろうに剣心

引用映画るろうに剣心公式サイト

佐藤健主演で敵の志々雄役を藤原竜也が務め、
演技力のある豪華キャストと、圧巻のアクションシーンで素晴らしいエンターテインメント作品に仕上げています。

まず佐藤健のノースタントアクションが素晴らしいです。
また、敵の志々雄は全身に包帯を巻いている設定なのですが現場ではそう見えるようなスーツを着ていたそうですが一度着たら終わるまで脱げず暑い中、大人数での殺陣をやり切る藤原竜也も凄いです。

映画亜人

引用:東宝ウェブサイト

同じく佐藤健主演映画です。
こちらもるろうに剣心と同じくアクションエンターテインメントです。

佐藤健のアクションも凄いのですが私が何よりオススメしたいのは敵の佐藤を演じる綾野剛です。

佐藤というキャラは簡単に言えばめっちゃ強い老戦士です。
ビジュアルは全然似ていないのですが綾野剛の雰囲気?オーラ?が「あっ、コイツ強キャラだ」って一瞬で見てる人に感じさせていて凄いとなります。

綾野剛の雰囲気を楽しむ映画です。

映画銀魂

実写版銀魂の良いところはキャスト陣がアニメ版の方に演技を寄せていて、元々のファンが受け入れやすい様にしている所だと思います。

それでいて銀魂という作品がおふざけが許される作風で監督の福田雄一も同じでおふざけが許される感じの人なので多少なら実写化して変になってもセーフと事前にハードルを下げていたのもあって初めて見たときは完成度の高さに衝撃を受けました。

NANA

少女漫画が原作のこの作品。
少女漫画は少年漫画と違って実写にしやすい作風が多いこともあり、漫画より実写版の方が有名のパターンが多いです。

そしてこの作品の凄いとこは映画化の影響で原作漫画がそれまで年間売上一位のONE PIECEを抜いたことです。

原作者が何故実写化を許可するのかって、やっぱり原作の知名度や人気に繋げたいからですよね。

そしてそれが大成功したのですから文句なしの実写化成功作品です。

寄生獣

染谷将太主演の寄生獣です。
二部作構成でうまくまとめていて素晴らしいです。

最新のVFX技術を使っていて少しグロいシーンもありますがとてもおすすめです。

闇金ウシジマくん

カメレオン俳優山田孝之主演のドラマ作品です。映画化もしています。

山田孝之の他の作品と比べると豹変っぷりが凄いです。

ROOKIESルーキーズ

週刊少年ジャンプで連載されていた野球漫画のルーキーズ。

この作品はTVドラマからスタートして映画もして様々な年代の人が見ていたと思います。

主題歌のキセキもこの作品の影響で野球関係に使われたり、ここから大ブレイクした俳優さんも沢山います。

映画の卒業編の最後のシーンはいつ見ても泣けます。

ドラマ花より男子

花男ブームと称されるほどの大ブームを巻き起こした作品です。

今も一線で活躍する俳優さん達が出演しています。

嵐もここでドカンと人気が出た印象です。

カイジ人生逆転ゲーム

やっぱりカイジですね。
極限状態の心理戦を描いたギャンブルを題材とした作品です。

藤原竜也主演で松山ケンイチが友情出演したりしています。

とにかく藤原竜也演じるカイジの心からの叫びが圧巻です。

まとめ

藤原竜也さんや佐藤健さんを起用すれば大体当たる気がしますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事