最新話ネタバレ鬼滅の刃 第198話 気付けば

神速 霹靂一閃

次々に技を繰り出して無惨を足止めする。

「(体力が持たない、足が片方潰れた、次の一撃が威力を保って出せる最後だ)」

漆ノ型 火雷神

「(浅い…‼︎赫刀じゃないと損傷も浅い…‼︎ くそっ…)」

技を出し床に倒れる善逸を伊之助が守りに入るが衝撃波で動きを止める無惨

炭治郎が次々に日の呼吸を出して助けに入る。

「(衝撃波の攻撃、無惨は連続して出せなくなってる。
一度出すと溜めの時間が必要、
腕と触手の攻撃速度も落ちてる)」

伊之助と炭治郎で無惨を足止めする。

「(立て‼︎立て早く‼︎
攻撃が途切れたら無惨は逃げる。
どんな一撃でもいいから放て無惨を削れ、頼む動いてくれ、俺の体)」

「(じいちゃん頼む、じいちゃん
じいちゃん、じいちゃん
俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!!)」

霹靂一閃を出すも速度が出ない。

伊之助が吹っ飛ばされ、炭治郎のカバーに入った善逸も無惨の攻撃を受ける。

陽華突で無惨を壁に押し付ける。

「(もうこれ以上俺は技を出せない
一秒でも長くここに無惨を縫い止める‼︎)」

無惨が攻撃を仕掛けてくるが恋柱が無惨の左腕を引きちぎり、風柱が右腕を切り落とし、炭治郎と同じく刀を壁に突き刺し壁に縫い止める。

無惨の顔がパックリと開き炭治郎に喰らい付こうとするが蛇柱が間に入り炭治郎の代わりに噛みつかれる。

夜明けだ‼︎ このまま踏ん張れェェェ‼︎

風柱がそう叫び、太陽の光が山の向こうから微かに見える。

決着の時、迫る……‼︎

巻末コメント
すごい笑いながら走ってたらアシスタントさんと遭遇して恥ずかしかったマスクに感謝。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事