鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 第197話 執念

週刊少年ジャンプ連載中 鬼滅の刃の最新話ネタバレです。

「お前を殺す為にお前より強くなる必要はない
お前を弱くすればいいだけの話」

「お前が生きる為に手段を選ばないように
私も…私たちもお前を殺す為に手段を選ばない」

「(本来なら何の意味もない
赫刀での斬撃も損傷も私には効くはずがない
どの鬼狩りの赫刀もあの男には劣り
再生修復の疲労も私には蓄積しない

しかし四種の薬がこれら全ての無駄な攻撃を極めて有効な攻撃として私の肉体を追いつめている。

この短時間であの女がこれ程の薬を作ることは予想できなかった
そしてこれは童磨に使ったものとは全く異なる
私が初めて喰らうもの
分析・分解にも時を用する。)」

無惨の動きが止まる。

「(‼︎ 動きが止まった 珠世さんの薬だ、きっとそうだ いける‼︎勝てる‼︎夜明けまでもう少し)」

無惨から衝撃波が放たれ吹き飛ぶ蛇柱と炭治郎。

痙攣が止まらず呼吸ができない。

烏もやられ、お館様のとこまで衝撃がくる。

鼻血を出しながらも隊士たちのことを気にかける。

「(立て、立ち上がれ、ああああ息ができない
肺が…肺が潰れた、のか、いっ、伊黒さんどこに 逃げてしまう、無惨が…‼︎)」

立ち去ろうとする無惨に伊之助が立ちはだかる。

よくも、やって、くれ゛たなぁ 許さね゛ぇ

「(伊之助、伊之助、危、危ないあぶ)」

「(術が出せない 疲労か……)」

術が発動しない無惨。

俺たちを庇って

数珠のオッサンの足と半々羽織りの腕が千切れた

あっちこっちに転がってる死体は一緒に飯を食った仲間だ

返せよ

足も、手も、命も全部返せ。それができないなら

百万回死んで償え‼︎

無惨に斬りかかるも、地面から口が複数ある触手に襲われ、血まみれになる伊之助。

「(伊之助‼︎あああ伊之助‼︎助けろ助けろ
駄目だ死ぬ、俺が先に死ぬ…‼︎)」

視界が狭まる炭治郎。

善逸が伊之助を助ける。

伊之助踏ん張れ‼︎ 炭治郎はまだ生きてる心音がする

炭治郎 生きることだけ考えろ!
聞こえるか、お前は死なない!絶対死なない!
禰豆子ちゃんと帰るんだ!
人間に戻った禰豆子ちゃんと生まれ育った家に帰るんだ‼︎

家族みんな待ってる‼︎二人が帰ってくるのを‼︎

無惨の攻撃を受け、建物の窓に叩きつけられる善逸とそれを助けようと入った伊之助も建物に叩きつけられる。

「(血鬼術で神経系を狂わされているなら
日輪刀が有効なん、じゃないか
上がれ、持ち上がれ、早く、早く、隙間に刺す
太い血管と急所は、避けろ)」

日輪刀が刺さり、ジュウウという音共に煙が立ち込める。

「(いける、か、頼む、止まれ、痙攣、止まれ、)」

無惨も息を切らし限界の模様。

「(腕が上がらない。体が鉛のように)」

善逸と伊之助がフラフラになりながら立ち上がる。

「(また立ち上がる。害虫共)」

「(潰しても潰しても死なない。
湧いて、湧いて、何度でも立ち上がる。
夜明けまで。
私の息の根を止める瞬間まで。)」

水柱と岩柱が無惨を殺すため立ち上がる。

止まらない!使命を果たすまで…

巻末コメント
原稿にらっきょ転がして汁もかけたのでまず一番に高速で自分をビンタした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事