呪術廻戦 虎杖は何故、宿儺の器になれたのか考察!原因は五条悟⁉︎神の存在も⁉︎

アニメ化も決定した週刊少年ジャンプ連載中『呪術廻戦』は主人公の虎杖悠仁が呪いの王様と呼ばれる「宿儺」が残した呪物「宿儺の指」

それを食べてしまうが何故か宿儺に体を乗っ取られずに済んだことにより呪いを扱う呪術師たちの世界に巻き込まれていきます。

引用:呪術廻戦 芥見下々

原因は五条悟

虎杖が宿儺の器になれた理由は五条悟ではないかと考えます。

何故、五条が原因なのか?

呪術廻戦の世界では五条悟が生まれたことにより、人間側の力が大きくなり過ぎた為、そのバランスを取るために呪霊たちの力が増しました。

引用:呪術廻戦 芥見下々

未確認の特級呪霊たち(漏瑚や直人)が出てきたのも、その影響かと。

しかし特級呪霊たちも瞬殺する強さを持つ五条とバランスを取るためにはまだ呪霊側の力が足りない。
そこで呪いの王、宿儺が復活するための準備として虎杖が器になれたのではないでしょうか?

高次元の「神」の存在

世界の均衡を保つために呪霊側の勢力が増していますが、そのパワーバランスを管理している「神」のような存在が居るのではないかと推測します。

神の存在を裏付ける証拠として、

その1 、生得術式

先天的に刻まれている人には刻まれている術式。
他人が真似するのはほぼ無理。
(五条の無下限呪術など)

神がパワーバランスを気にしながら刻んで居るのではないかと思います。

その2、呪霊より精霊に近い花御の存在

地球を守ることを目的としており、独自の言語を持っている存在です。

花御は神の使いなのではないかと思います。

その3、天与呪縛

パパ黒で印象的な天与呪縛。
これは元々得られるはずだった呪力が得られない、四肢に障害があるなどのデメリット(縛り)と引き換えに術式の力をアップさせる天から与えられた呪いです。

パパ黒の場合は御三家の才能(呪力)全てを引き換えに圧倒的なフィジカルと五感が与えられました。

これは神による呪いなのではないでしょうか。
ちなみにパパ黒が五条と同じ時代に存在していたのも神の思惑があったからではないかと。

もしかしたら虎杖が天与呪縛を持っていてそれの影響で宿儺の器になれたのかも?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事