ジャンプは本当に黄金時代に戻りつつあるのか!?調査をしてみたぞ!!

みなさんこんにちは!!

今回は記事のタイトル通り「ジャンプは本当に黄金世代に戻りつつあるのか!?」ということで調査をしてみたいと思います!!

ルゥ
いやあ、まじで実際どうなんでしょうかねえ。
僕自身もここ1年くらいは読む漫画増えましたからねえ。
今まで二つとかしか読んでいなかったので・・・。(笑)

そもそも黄金世代とは

まあ、まずは黄金時代についてわからない方もいらっしゃると思うのでそこをまとめていきましょう。

ルゥ
僕自身もよくわかってないのでみなさんと一緒に勉強しましょう!!

1980年代前半、鳥山明さんの『Dr.スランプ』が連載開始。そして大ヒット。

それに続いて『キャプテン翼』『キャッツ♥アイ』『ストップ!! ひばりくん!』が連載されてそのまま大ヒットとなりました。

83年には北斗の拳が連載開始。そのままアニメも大ヒットしてジャンプは国民的マンガ雑誌になる。

発行部数は年平均で371万部を記録。

84年には『きまぐれオレンジ☆ロード』が連載開始。そしてその年には『Dr.スランプ』も連載終了して三か月後同じ鳥山明さんが『ドラゴンボール』を連載。

85年には『シティーハンター』『魁!!男塾』

86年には『聖闘士星矢』

87年になると、発行部数は450万部

と、まあ数字を見ただけでは黄金時だったかどうかなんてわからないですけど当時ジャンプを毎週買っている方に聞いてみた所。ほとんどの作品は読んでいて今のジャンプみたいに読まない作品はないとおっしゃっていました。

他の方にも聞いてみると飛ばしてた作品は一つだけだったり、相当ジャンプを読んでいる方が多かったということですね。

ルゥ
確かに今のジャンプと比べるとラインナップがすごいような気がする。

最近のジャンプ売り上げ

調査の結果、最近のジャンプの売り上げは190万部台ということです。

先ほどの数字と比較してみると少しわかりますね。

個人的な意見

この数字をみる限り確かに最近ではジャンプの売り上げは落ちている気がします。

しかし、人気具合としてはどうでしょうか?

いきなり何言ってるんだって感じですが。つまり世間に対しての認知度です。

僕は発行部数がすべてと思っていないので。

僕は当時のジャンプ事情は知らないので何とも言えませんが、最近の普通の若者ならば『ワンピース』『鬼滅の刃』は聞いたことがあると思います。少し漫画が好きなら『僕のヒーローアカデミア』『約束のネバーランド』も知っていると思います。

ここで例として2017年の目次をごらんください。

ここにさっきあげた約ネバや鬼滅がありますがこの時はまだ有名ではないのでノーカウントとして。

この当時、世間に知れ渡っていた作品はワンピースと『銀魂』だけではないのでしょうか?

話は戻しまして、先ほどあげた鬼滅の刃、この漫画は恐らくほとんどの方だ知っている作品なのでないでしょうか。僕の母親も読んでいます(笑)

そして、最近ではジャンプを本屋やコンビニで買って読むよりスマホで買って読むほうが主流になりつつあると聞きます。

そう考えると少しずつ黄金時代に近づいているのではないのでしょうか?

最後に

結果、

昔のジャンプ連載時代にはネットがなかったりと環境が違うので計れないが確実に盛り上がっている。

ルゥ
ちょっと文字で伝えるの難しいんでいつか動画でお伝えしたいです。
では!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事