ヒロアカ作者炎上事件 名前変更と731部隊との関係をまとめてみた

週刊少年ジャンプ連載中の漫画「僕のヒーローアカデミア」の作者 堀越耕平さんが韓国で炎上しました。

なんでも登場人物の「志賀 丸太」の丸太という名前が問題らしいです。

事件の流れ

ネット上にジャンプの発売日前にネタバレ画像がアップされる。

作中に登場するマッドサイエンティストの名前が
旧日本軍の731部隊を連想されると韓国で話題になる。

あまりにも炎上したため(韓国Twitterトレンド2位)ジャンプ発売日に作者と編集部がそういった意図はなかったと説明し併せて名前を変更する事を発表。

韓国人アカウントが作者のTwitterに凸り、作者を擁護する日本人ファンと言い争いになる。

志賀丸太とはどんなキャラなのか?

志賀丸太というキャラは慈善事業に精力的な医者という設定です。

偽名は氏子達磨。

物語では人々が個性という力を宿している世界です。
ですが主人公は個性がないと第1話で診断されるが、憧れのヒーローから個性を受け継ぎプロヒーローを目指すという物語です。

その主人公に個性がないと診断したのがこのキャラです。
(このキャラも個性を持っていない)
そしてこのキャラは悪の組織の科学者でもあります。
人体改造をして悪の組織の戦闘員を量産してます。

そしてこの部分が丸太(マルタ)という名前と関連があるのではと炎上しました。

マルタと731部隊の関係

まず731部隊について説明します。

731部隊は第二次世界大戦期に日本軍に存在した研究機関です。

満州(現在の中国)に拠点を置き兵士の感染症予防や衛生的な給水体制の研究、さらには生物兵器の研究とその人体実験をしていました。

そしてマルタとは人体実験実験の被験者のことを指しているようです。

主に朝鮮人や中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人のスパイ容疑者や一般市民、女性子供もいました。

逃げ出そうとしたマルタの人々はトラックで轢き殺されたりしたようです。

人体実験をするマッドサイエンティストの名前が丸太(マルタ)…

これは炎上しても仕方がないと思います。

731部隊とは関係ない説

その他の意見としては

その1
丸太という名前は木の丸太で、同じ無個性(だった)の主人公デク(木偶)と関連した木材の名前が付けられたのでは?説

その2
漫画家「氏賀Y太」氏のペンネームをもじった説。
氏賀Y太→氏賀○太→しがまるた→志賀丸太

偽名の氏子達磨も氏賀Y太氏の作風(エログロ)を考えると四肢が欠損した達磨もそれっぽく思えてくる。

などがあります。

騒動の影響

作者と編集部が謝罪

bilibiliや中国の漫画サイトからヒロアカ関連のものが削除
などあります
個人的には史実から取っている気がしますが、何かとアンチに目をつけられやすい作者なのでこれでモチベーションが下がったりしてしまわないで欲しいです。

一応コミックスでも修正すると発表しているので、これ以上騒がないようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事