漫画バビロン大富豪の教え 内容まとめと感想‼︎ お金に愛される方法とは?

漫画バビロン大富豪の教え

この漫画はAmazonの節約カテゴリで売れ筋ランキング1位になっています。

私がこの本を読み始めた理由ですが、

それはお金持ちになりたいからです。

結果この本を読んですごく良かったなと思いました。

ではこの本の内容と黄金に愛される七つの道具、その先のお金と幸せを生み出す五つの黄金法則についてまとめていきます。

ストーリー

借金まみれの元考古学者が知り合いからある粘土板の文字を解読して欲しいと依頼され、その粘土板には数学と金融が発達していた古代の大国バビロニアの少年バンシルが大富豪になるまでの記録が記されていたーーー

作画を担当しているのはジャンプ出身の漫画家、坂野旭さんです。

では皆さんも知りたいであろう黄金に愛される七つの道具についてまとめていきたいと思います。

黄金に愛される七つの道具

1 収入の十分の一を貯金せよ
こうする事によって残りの十分の九で叶えられない欲望を諦めることができる。そして自分に本当に必要なものは何か考えるようになる。

2 欲望に優先順位をつけよ
1つ目の道具とセットで優先順位の低い欲望を切り捨て1番やりたいことのためにお金を使うことができる。

3 貯えた金に働かせよ
金を持っていることが財産ではない。定期的に金が入ってくる仕組みこそ本物の財産なのだ。

4危険や天敵から金を堅守せよ
原則として元金を守ること。大きく儲けようとしてあり金を全て差し出してはいけない。
もし儲け話を持ち掛けられたらその道に長けた人に相談する事。賢者たちの忠告は時に儲け話以上の価値があり、彼らの多くは協力的で無料でアドバイスしてくれる人が多い。

5 より良きところに住め
住居は幸せな生活と密接に関わっており、そしてその幸せは貯金を増やすモチベーションになる。
心を豊かにする投資。

6 今日から未来への生活に備えよ
毎月少しずつでも金を積み立てていけば老人になった自分や自分が死んだ後の家族に貯えを残すことができる。

7 自分こそを最大の資本にせよ
知識を持っても行動しなければ何も変わらない。
勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む。

以上が黄金に愛される七つの道具です。
漫画の中でバンシルはこの教えを忠実に守り富を貯えていきます。

「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

法則1 家族と自分の将来のために収入の十分の一以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、やってくるだろう。

法則2 黄金に稼げる勤め先を見つけてやり持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば黄金は懸命に働くことだろう。

法則3 黄金の扱いに秀でた者の助言に熱心に耳をかたむける持ち主からは、黄金が離れることはないだろう。

法則4 自分が理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でた者が否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう。

法則5 非現実的な利益を出そうとしたり謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり己の未熟な経験を盲信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう。

こちらもバンシルが実際に身を持って体験していく事になります。

読んだ感想

まず原作は小説なのですがこれは漫画にして読みやすくなっているのであっという間に読めました。
お金の話で難しいのではと思うかもしれませんがこの本は投資や運用方法が書いてあるのではなく上記の黄金の法則に乗っ取った基本的な考え方というか精神的な面に比重を置いています。
自己啓発本みたいな感じですね。ですがこの本に載っていることを守れば貧乏になる事はないかと思いました。
バンシルが黄金の法則通りに行動して大富豪になっていくさまはご都合主義的には見えず、納得のいく成り上がり方でした。
また、所々にコラムが載っていてそのコラムでは黄金の法則を現代社会と結びつけて解説しているのでとても説得力が増します。
読むのも楽なので一度読んでみてはいかがでしょうか。
以上で漫画バビロン大富豪の教えについての記事は終わりです‼︎

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 https://www.amazon.co.jp/dp/4866511249/ref=cm_sw_r_cp_api_i_U2cnEb2M0RZP6

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事