「呪術廻戦」作者の芥見下々の経歴や読み切り情報まとめ

今回は週刊少年ジャンプで連載中で現在アニメも放送中の大人気漫画「呪術廻戦」の作者
芥見下々(あくたみ げげ)さんについてまとめています。

芥見下々のプロフィール

名前 芥見下々 あくたみ げげ
性別 男
年齢 1992年2月26日
好きな漫画 太蔵もて王サーガ BLEACH ワールドトリガー 幽☆遊☆白書 GO!ヒロミGO! 刃牙
趣味・特技 ラジオ、散歩
出身 岩手県出身
担当編集 山中(呪術高専1話まで担当)→片山(呪術立ち上げ)

クリーニング屋や八百屋でバイトしていた。

インターネット上では単眼猫の愛称で呼ばれている芥見先生。
自画像は描きやすい単眼、自らは愛嬌が無いので嫌いな人がいない猫にした。

本名は芥見上々(あくたみ あげあげ)と自称しています笑。

最初のペンネームの候補は毒溜みるく(どくだみみるく)
ジャンプフェスタに出演した際に下々にした理由について下に下にと謙った方がいいとして下々にしたと冗談交じりで言っていました。

またジャンフェスで声優さん達に東堂の登場頻度について突っ込まれてました。

それと女性疑惑が出ていましたがジャンプフェスタに出演して完全に男だと証明されました。

出身については呪術廻戦2巻のおまけページの結婚式事件で仙台に帰った描写があるのですが小説版の作者紹介のとこで岩手出身となっているので、岩手で生まれて途中で宮城県仙台市に引っ越したのかなと予想します。(ファンブックにて確定)

また、ジャンプの巻末コメントでリトルトゥース(芸人オードリーのファン)を自称していたり、和牛のラジオを聴いている発言やオードリーがMCを担当している「ひらがな推し」(現在は「日向坂で会いましょう」)の感想を書いていたり、作中で元乃木坂46の中元日芽香の「ひめたんビーム」のパロディなどを出したりとアイドル好きなのもわかります。

鬼滅の刃で好きなキャラは鬼舞辻無惨。
呪術でお気に入りのキャラは冥冥

職場には『AKIRA』や『喧嘩稼業』の単行本があったりしました。

好きな女性の好みは身嗜みが整っている人(漫道コバヤシにて)

漫道コバヤシ情報

漫道コバヤシで語っていた話をまとめました。

デビュー前に賞を取ったことがない。

小学生の時の転校先でジャンプを読んでいた女子グループと仲良くなりその子達の影響で絵を描き始める。

小4の時に兄のジャンプをこっそり読んで『BLEACH』第1話(2001/8/7)を読んで衝撃を受けた。

それまでは『世紀末リーダー伝たけし!』が好きだった。

大学生の頃周りが就活をし始め本気で漫画家になる決意をした。
親にも話して漫画を持ち込んだ。

画力が低く、王道を描くのも苦手だったためギャグ漫画を持ち込んだ。

持ち込み先はアフタヌーンかジャンプで迷い購読していたジャンプにした。

座右の銘貼る時は大きく貼る

本誌では呪術ではなくアイドル格闘モノをやろうとしていたが担当から「マジでやめた方がいいよ」と言われた。

タイトルは呪胎戴天が候補にあった。
呪術を入れようとなって呪術匝戦(じゅじゅつそうせん)
しかし変換で出ないので辞めた。

呪いを描くきっかけはホラー映画が好きだから
宿儺は芥見世代では有名なオカルト

『GO!ヒロミGO!』の影響を受けてる。

芥見女性説はパーティーでも他の作家に言われた。

1話から3、4話は結果が振るわずギアを入れて内1名死亡を出した。
打ち切りになったらそのまま虎杖を殺して終わろうと思っていた。

人を簡単に許せるタイプではない。
初代担当の悪口をずっと言っている。

『刃牙』も好き。

漏瑚のデザインは『ONE PIECE』のMr.3の影響でわかりやすさを意識した。

あらびき団が好き。
M-1も好き。
お笑いの話で熱くなりがち。

最速キャラクターブック情報

イベントで配布され、時々単行本のおまけに付いてくる最速キャラクターブックに載ってる芥見情報をまとめました。

好きなおにぎりの具は?

A明太子

芥見先生の好物は?

Aサッパリした油物(ササミ大葉フライ的な)です。食べ物以外だと温泉と頭皮マッサージ、脱毛です。

趣味や特技は?

A趣味は仕事関係を除くとマジで何もないです。
運動能力も人並み以下で特技もないです。強いて言うなら人より腕が少し長いので遠くのものが取れます。

好きなお笑い芸人は?

Aラジオを楽しそうにやってらっしゃる方。
あと世代的にあらびき団出身の方が好きです。

好きな俳優は?

A長谷川博己さんや堺雅人さんなどのセリフ量の多い演技に惹かれることが多いです。

呪術廻戦で好きなキャラクターは?

A特に好きなキャラはいませんが、七海や三輪にモテて欲しいです。まともなので。

ジャンプ作品で好きなキャラクターは?
A『ワールドトリガー』なら出水、影浦、東さん、『ハイキュー!!』なら天童くん、『僕のヒーローアカデミア』ならオーバーホール、ステインが好きです。

影響を受けた作品は?

A影響を受けた方は漫画家さんだと数えきれないです。特に『呪術廻戦』は王道にちゃんと向き合うことを目標にしているのでいい意味でも悪い意味でも既視感が多いと思います。暇な時に探してみてください。
アニメ関連だと庵野秀明さんや忽那健一さん、山下清悟さんの仕事やそれに対するスタンスのお話がとても好きです。
※山下清悟さんはアニメのOP映像にディレクターとして参加されています。

物語の結末は決まっているのでしょうか?

A最終回や要所要所の結末は決まっていますが、その間の流れは決まっていないところがいくつもあります。伏黒の最後は決まっていますが、虎杖の最後は決まってないです。キャラクターに自分を投影しないように心がけていて、その中で特に虎杖の善性が私から一番遠いので。
※ジャンフェスでは一年+五条の4人の中で誰か1人が死ぬか1人以外全員死ぬかのどちらかと答えております。

公式ファンブック情報

公式ファンブックより芥見先生個人に関係する情報まとめ

小学生の頃にSTUDIO4℃の森本晃司の『Oレンジ〜森本晃司作品集〜』を本屋で見つけた時、全財産を叩いて買った。

『鉄腕バーディーDECODE』
りょーちも、沓名健一、仁保知行、山下清悟

『電脳コイル』
礒光雄、井上俊之、本田雄、板津匡覧、押山清高

『NARUTO』都留稔幸のOP、ED、しかし一番好きなのは『GTO』のヒトリノ夜

庵野秀明を尊敬している

アニメで”アニメ”ではなく”映画”を作ろうとする人が好き。
例えば庵野秀明や宮崎駿、押井守

庵野秀明と宮崎駿が並んで喋っている映像を見ると泣いてしまうという可愛い側面がある

芥見はデジモン無印世代で細田守作品の中で『ぼくらのウォーゲーム!』が一番好き

ロボットアニメベスト3は『エヴァンゲリオン』『コードギアス』『交響詩篇エウレカセブン』

『コードギアス』は谷口悟朗の傑作
ストーリー構成の仕方が週刊連載のお手本
『プリズン・ブレイク』も見ている

『Fate/Zero』の奈須きのこの設定の作り方に影響を受けた
設定や用語の説明をすっ飛ばしてエンタメに寄せているのが素晴らしい
好きなキャラはギルガメッシュ

好きなOVA作品『エイリアン9』『ジョジョ』

久保帯人とはジャンプ展の時に軽く挨拶をした。
BLEACHに影響を受けて漫画を始めたと言ったが久保から「冨樫さんだろ」と突っ込まれた
漫画家を意識し始めたのは『BLEACH』

小学校5年生の時に岩手県から仙台へ引っ越した。
その時の転校先で仲良くなった友達に影響を受けて絵を描き始めた

芥見下々の黒歴史「雲の巨人」は詩以外にも落書きなどをしていてそれを欲しいと言う後輩に上げてしまった。
後輩の連絡先は知らない

連載が始まる前まではアナログ(Gペン)で描いていたがこのままでは一生連載できないと悟り、デジタルに切り替えた

Gペンで上手く描けないストレスでネームばかり書き溜めていた

中高生の頃は男子校で一人称は「俺」だった。
大学時代に「僕」に変え、連載前に「私」に変えた
友達と話す時も基本的に「私」だが興奮すると「俺」と言う時もある

女性を描くことに苦手意識があり、おしとやかなキャラを作るのにブレーキをかけてしまう

東堂から性癖を聞かれたら無回答をしてしまいボコられると思っている

『BLEACH』の好きなキャラは涅マユリ、次点で更木剣八
マユリは初めて見た時の気持ち悪い印象が好き

好きなシーン又は台詞は?
雷吼炮
黒棺は詠唱破棄が一番良い
単行本のポエムを巻頭歌と呼んでいる

小学校で『BLEACH』中学校で『HUNTER×HUNTER』『エヴァンゲリオン』が乗っかって出来たのが芥見

芥見的には冨樫義博は『BASTARD』の影響を受けている

『BLEACH』や『チェンソーマン』は作家性が強いのでマンガを描き始める人が真似するのはお勧めしない

久保帯人とLINEを交換した

他人に職業を明かしていない
「実家の八百屋を継いだ」で通している(バイトの経験はある)

『Dr.HOUSE』が好き

『ピンポン』を見ている

ニジプロ(というよりJYP)にハマっている
好きな韓国映画は『グエムル-漢江の怪物-4』『アジョシ』『最後まで行く』

高田ちゃんはBerryz工房の熊井友理奈がモデル

好きな映画監督はクエンティン・タランティーノ『パルプ・フィクション』が好き

クリストファー・ノーラン
『インターステラー』

ギレルモ・デル・トロ
アリ・アスター『リトル・ミス・サンシャイン』

『ジャンゴ 繋がれざる者』『マルサの女』なども好きな映画

『ザ・レイド』でシラットという武術を知った
虎杖vs脹相は『ザ・レイドGOKUDOU』を意識している

好きな邦画『太陽を盗んだ男』

好きな漫画(ジャンプ以外)
『ABARA』『皇国の守護者』
どちらもお金が少なかった高校時代に何度もリピートした作品
『皇国の守護者』は珍しく主人公が好きな作品

好きな漫画家(ジャンプ以外)3人
『行け!稲中卓球部』『グリーンヒル』『僕といっしょ』の古谷実
特に『グリーンヒル』が好き

『無限の住人』の沙村広明

『ぼくらの』鬼頭莫宏

女性作家だと『さんかく窓の外側は夜』ヤマシタトモコや志村貴子

和山やま、藤本タツキに嫉妬している?

呪術高専第1話の原型となるネームを作った時はかなり擦れていた
GIGAの連載は乗り気では無かったが三木有の『ぎなた式』を読んでこんな作品が出るなら…とネームを会議に回した

3話4話の展開は『No.9』が連載した時の山場として想定していた。
今でも『No.9』でやった方が面白くできると思っている

『喧嘩商売(稼業)』で闘いが始まる時の意思を読者に宣誓するシーンが好き

菅原道真のくだりは山中編集が具体的な人物を入れたいと言っていたため餞として入れた

『呪術廻戦』第1話は『BLEACH』の第1話を叩き台として考えた
『NARUTO』の九尾のアプローチを自分ならどうするか普段からよく考えていた

呪術は連載会議に一度落ちていた

中忍試験の包帯グルグルの試験管のデザインに衝撃を受けた
その事を岸本斉史に話したが岸本は覚えていなかった

第4話で出てきたスカウトの言動について知人女性から指摘を受けた
六本木の件は『静かなるドン』のパロディだったが誰からも指摘されなかった

漫道コバヤシの堀越耕平のインタビューを見て第1話の後に山場を用意する大切さを学んだ

第7話の時点ではアンケートは不安定

第8話で連載が始まって初めて楽しいと感じたかもしれない?
この辺りからアンケートの調子が良くなる

第9話からアンケートが安定し始めた

『DRAGON BALL』のベジータの台詞「スーボーサイヤ人のバーゲンセールだな」という台詞が好きで五条の言い回しに取り入れた

少年院の母親に伏黒が自分は助けたく無かった旨を伝えた。
もし芥見だったら最大限努力した様に伝えるかも

第14話で当時『名探偵コナン』の映画が流行っていたので安室みたいなカッコいい男を描こうとしたが自称”安室さんの彼女”にツッコまれた

第15話
虎杖が見ている映画は『アイアムレジェンド』のつもりだったがアニメだと『指輪物語』になっていたが読解の差異が面白く感じた為スルーした
漏瑚の台詞は渡辺ラオウっぽくて気に入っている

第18話
芥見は坂道グループが好きだがあくまでテレ東のファンなので握手会に行ったことはない
和歌山在住のこぶしファクトリーの追っかけをしていたハロオタに握手会について聞いた
3人の死因は知り合いの医者に聞いた

第19話
湊かなえ『告白』みたいにした
順平に対しては『デスノート』の夜神月がミサミサに向ける感情と同様の物を向けていた
『ボボボーボ・ボーボボ』ネタを入れた

第20話
縛りは『HUNTER×HUNTER』の制約と誓約と認める

吉野(漢字は違うかも)という苗字の友人がいてネットアイドルの撮影会に足を運んでいる

第22話の冒頭のアクションはアニメ『ストレンヂア 無皇刃譚』の中村豊パートのオマージュ

七海の瓦落瓦落のアニメでの作画が好きらしい

第24話
虎杖の殺す選択肢の件は『ブレイキングバッド』を観て思ったこと

文章力に自信がない

猪野はイトウタクマという友人が「漫画に出せ」と言ったので名前を文字って登場させた

第27話を描いているときにDA PUMPの「USA」(当時未聴)が自動再生で流れてきてノリノリになった

友人にバイト先の店長が徒党を組んで人をイジメていたのでパイプ椅子で殴った人がいる

第30話
アシスタントさんに背景を描いてもらったらパン屋の名前が「ベーカリーベーカリーベーカリー」で笑ったらしい
キャラが脚本を超えてくる現象が起きた

マッチョで英語が話せて面白いから小島よしおを尊敬している

「マジか」という台詞が好きかもしれない

第35話
存在しない記憶のくだりは漫画の師匠に笑ってもらえて嬉しかった

第38話はアンケが良かった

冥冥がめちゃくちゃ気に入っているキャラなので12巻の表紙はもっと時間をかけたかった

第39話のカラーはもしかしたら一番気に入ってるかもしれない

第41話
真依と西宮の電話の雰囲気がエッチになって良かった

第42話
虎杖の重心の話は東堂のモデルとなった学生時代の先輩から格闘技について話や映像を見せてもらった時に感じたこと
ちなみにその人はレスリングで国体に出ている

『攻殻機動隊』(花御の声優さんが出演)を観ている

第47話
本誌で玉犬の「渾」と『チェンソーマン』早川アキの「コン」が被ってチェンソーの方が一億総倍カッコよかった

第48話
『喧嘩商売』の文さんが十兵衛に金剛を教えるくだりが土台にある

「重畳」は『無限の住人』の万次さんがよく言っているイメージがある

第50話
ネームを切っていて楽しかった
抜け出せないの見開きを先輩作家に褒められて嬉しかった

ポケモンの御三家(最初の3匹)をデザインする遊びをした時、キモいので不評だった(ファンブックにてイラストがある)

第53話
東堂と虎杖の絡みが『BLEACH』っぽいと言われた

第54話
先輩作家に褒められた
絶対にスポーツものは無理だと確信した

八十八橋のモデルは平山夢明のホラー短編小説にも登場している

第61話、第62話
芥見の思う『呪術廻戦』ベストバウト

芥見は脳が中学二年生らしい

少年ジャンプの漫画の描き方情報

漫画を目指すと決めてしたこと
・お話にピリオドをつけて、ネームをたくさん   作る
・作品を見たら良い所と悪い所を言語化する
・デッサンや(ネームばかりやっていたので)原稿をやっていればと後悔している

ネームを直すときに気をつけていること
・「分かりづらい」という指摘はできるだけ聞く(読みづらくても面白そうと思ったことはやる)
・余程些細なものでないかぎり、ネームを直すというよりは0から作るつもりでやり直す
漫画を描くときに心がけていること
・同世代にセンスがいいと思われようとしないこと
・ネタ出しや話づくりのために短編小説を読むのがオススメらしい
・読み切りを描く上では市川春子やヤマシタトモコの短編集が参考になる
また、設定よりドラマで回す方が楽になる

初投稿・持ち込みについて
20歳くらいで初めて完成原稿まで描いた短編を「アオハル」に出そうとしたが辞めてジャンプへ

仕事時間
・1話(19ページ)のネームに半日かかる(作業を始めるまでが遅いので本当はもう少し早い)
・原稿作画を完成させるのには5日かかる

過去の読み切り作品

神代捜査

引用:神代捜査 芥見下々

No.9

引用:No.9 芥見下々

No.9が元々連載でやりたかった話でこの後か同時期くらいに叶先生の元でアシスタントをしていました。

二界梵骸バラバルジュラ

引用:二界梵骸バラバルジュラ 芥見下々

バラバルジュラに関しては呪術廻戦に続く芥見先生の代表作です。

足の太さでネットを騒がせましたからね笑

そしてこのバラバルジュラはジャンプ+アプリ内にて週刊少年ジャンプの定期購読に申し込めば読めるので是非読んでみて下さい!
No.9も読めます!

そしてジャンプGIGAにて呪術高専(0巻)を連載しその後本誌にて呪術廻戦を連載します。

アシスタント時代

芥見先生は叶恭弘先生のもとでアシスタントをしていました。
叶先生がページ単位でアシスタントに仕事を割り振るスタイルだったのでそこで描き方をガッツリ学んだそうです。
(時期的には『神代操作』掲載後から『二界梵骸バラバルジュラ』掲載前まで)

結婚式事件

芥見先生の有名なエピソードとして、足を太く書くというのがありますが、呪術廻戦では足が細くなっています。

一体それは何故なのか?

芥見先生には兄夫婦が居て、その結婚式のウェルカムボードを描いて欲しいと頼まれて兄夫婦のイラストを描いたところ実際の兄嫁さんはとても細く衝撃を受けそれ以来呪いが祓われて足を細く描くようになったそうです。

呪術廻戦2巻でこのエピソードが語られています。

その他のエピソード

さらに有名なエピソードとして、

学生時代にBLEACHの久保帯人先生に憧れて詩集を作った。

BLEACHの単行本には必ず表紙のキャラとリンクしたオリジナルのポエムが書いてあるのですがそれに影響されたようです。

小説版の作者紹介のとこには

幼い頃からよく嘘をつき、盗み食いや器物破損を常習的に飼い犬になすりつけていたため、本当に車に轢かれて帰宅した際、誰にも信じてもらえなかった。

1999年ターン制でキンタマにキンカンを塗るデスゲームで優勝し、一躍脚光を浴びるも消息を断つ。

などがあります。

自虐ネタが多いです。

ジャンプの巻末企画にでは芥見先生のベスト3企画が時々出ており
芥見先生の担当に送るLINEベスト3
金 朝までに出します!
銀 明るいうちに出します!
銅 ぶっちゃけいつまで待てますか?

芥見先生の好きなホラー短編集ベスト3
金 異常快楽殺人
銀 人体模型の夜
銅 玩具修理者

芥見先生の好きな立会人ベスト3(嘘喰い)
金 弥鱈
銀 南方
銅 間紙

目次コメントでは
「〆切前は「寝ていた」ではなく「気絶していた」と申告した方が罪が軽くなります」

「ブランドに疎い芥見。渋谷取材中にうっかりバレンシアガに入ってしまい…!⁇」

「「買ったの⁉︎」って聞かれるんですけどダサ坊なので例の店からは逃げ帰りました」

「市野瀬瞳アナウンサーの公私にわたる益々のご活躍をお祈り申し上げます‼︎」
※オードリーの番組の初代アシスタントMC

「人前でブースカをカネゴンと言ってしまいましたが三年目も頑張ります」

「ロイヤルホストを応援したいのですが、いま近所になくて困っています。」

芥見先生の原画

実際に自分もジャンプフェスタで原画を観てきました。

芥見先生の作業環境を担当編集の片山さんがインタビューで答えていました。

B4のコピー用紙を半分に折ってネームを書いている。
芥見先生自身はフルデジタル作画だが、仕事場に居るアシスタントの方はアナログとデジタルで分かれている。(背景などがアナログ)
仕事場ではなくアシスタント自身の自宅で作業する遠隔のスタッフがいる。
仕事場には沢山のマンガ、小説、映画、ドラマがある。(1番影響を受けたのはBLEACH)

また、作品の作り方についてはジャンプの漫画賞の紹介ページでたびたび言及しています。

以下のURLのジャンプ公式サイトに公開されています。

https://www.shonenjump.com/j/mangasho/shinsekai/chair/no026.html

以上で芥見下々先生についてのまとめは終わります。
何か新しい情報が入ればこの記事を修正していきます。

おすすめの記事