「呪術廻戦」作者の芥見下々についてまとめてみた

今回は週刊少年ジャンプで連載中のアニメ化も決まっている大人気漫画「呪術廻戦」の作者
芥見下々(あくたみ げげ)さんについてまとめています。

芥見下々のプロフィール

名前 芥見下々 あくたみ げげ
性別
年齢 1992年2月26日
好きな漫画 太蔵もて王サーガ BLEACH ワールドトリガー 幽☆遊☆白書
趣味・特技 ラジオ、散歩
出身 岩手県出身(小説版プロフ参照)
担当編集 山中→片山(呪術立ち上げ)
好きな呪術のキャラ 東堂葵(描きやすい)

インターネット上では単眼猫の愛称で呼ばれている芥見先生。

本名は芥見上々(あくたみ あげあげ)と自称しています笑。ジャンプフェスタに出演した際に下々にした理由について下に下にと謙った方がいいとして下々にしたと冗談交じりで言っていました。

それと女性疑惑が出ていましたがジャンプフェスタに出演して完全に男だと証明されました。

出身については呪術廻戦2巻のおまけページの結婚式事件で仙台に帰った描写があるのですが小説版の作者紹介のとこで岩手出身となっているので、岩手で生まれて途中で宮城県仙台市に引っ越したのかなと予想します。

また、ジャンプの巻末コメントでリトルトゥース(芸人オードリーのファン)を自称していたり、和牛のラジオを聴いている発言やオードリーがMCを担当している「ひらがな推し」(現在は「日向坂で会いましょう」)の感想を書いていたり、作中で元乃木坂46の中元日芽香の「ひめたんビーム」のパロディなどを出したりとアイドル好きなのもわかります。

過去の読み切り作品

神代捜査

引用:神代捜査 芥見下々

No.9

引用:No.9 芥見下々

二界梵骸バラバルジュラ

引用:二界梵骸バラバルジュラ 芥見下々

バラバルジュラに関しては呪術廻戦に続く芥見先生の代表作です。

足の太さでネットを騒がせましたからねw

そしてこのバラバルジュラはジャンプ+アプリ内にて週刊少年ジャンプの定期購読に申し込めば読めるので是非読んでみて下さい!

そしてジャンプGIGAにて呪術高専(0巻)を連載しその後本誌にて呪術廻戦を連載します。

アシスタント時代

芥見先生は叶恭弘先生のもとでアシスタントをしていました。

結婚式事件

芥見先生の有名なエピソードとして、足を太く書くというのがありますが、呪術廻戦では足が細くなっています。

一体それは何故なのか?

芥見先生には兄夫婦が居て、その結婚式のウェルカムボードを描いて欲しいと頼まれて兄夫婦のイラストを描いたところ実際の兄嫁さんはとても細く衝撃を受けそれ以来呪いが祓われて足を細く描くようになったそうです。

呪術廻戦2巻でこのエピソードが語られています。

その他のエピソード

さらに有名なエピソードとして、

学生時代にBLEACHの久保帯人先生に憧れて詩集を作った。

BLEACHの単行本には必ず表紙のキャラとリンクしたオリジナルのポエムが書いてあるのですがそれに影響されたようです。

小説版の作者紹介のとこには

幼い頃からよく嘘をつき、盗み食いや器物破損を常習的に飼い犬になすりつけていたため、本当に車に轢かれて帰宅した際、誰にも信じてもらえなかった。

1999年ターン制でキンタマにキンカンを塗るデスゲームで優勝し、一躍脚光を浴びるも消息を断つ。

などがあります。

自虐ネタが多いです。

ジャンプの巻末企画にこんなのもありました。

引用:週刊少年ジャンプ2020 20号 集英社

原稿作業を締め切りギリギリまでやっているようですね

芥見先生の原画

実際に自分もジャンプフェスタで原画を観てきました。

芥見先生の作画環境を担当編集の片山さんがインタビューで答えていました。

B4のコピー用紙を半分に折ってネームを書いている。
芥見先生自身はフルデジタル作画だが、仕事場に居るアシスタントの方はアナログとデジタルで分かれている。(背景などがアナログ)
仕事場ではなくアシスタント自身の自宅で作業する遠隔のスタッフがいる。
仕事場には沢山のマンガ、小説、映画、ドラマがある。(1番影響を受けたのはBLEACH)

以上で芥見下々先生についてのまとめは終わります。
何か新しい情報が入ればこの記事を修正していきます。

こちらも併せて読んでみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事