鬼滅の刃 第190話 ぞくぞくと ネタバレ

週刊少年ジャンプ連載中 鬼滅の刃の最新話ネタバレです。

190話ネタバレ

赫刀と痣を発現させた蛇柱

「赫くなる刀身を見て一番にしくじったと思った。
視界の四方が白く弾けたからだ。
無惨に有効な攻撃を与えるため刀身を赫くしようと躍起になりすぎて全ての力を握力に振った俺は戦闘の最中酸欠で失神しかけていた。」

無惨の攻撃が迫り風柱が呼びかける。
水柱がカバーしようと技を繰り出すが間に合わなかった。

しかし蛇柱は宙に放り出されていた。

そして無惨の腕が切り落とされるが切断面が普通の刀と違く戸惑う無惨。

「珠世の鬼の術で姿を隠しても動く限りは存在を消せない。土埃が舞い風を切る音がする。
一人…二人…三人」

姿が見えない隊士が居ることに気づき攻撃を仕掛ける。

同期組三人が姿を現す。

その時無惨に赫刀で攻撃を仕掛ける蛇柱。

再生が遅い無惨。

同期組が透明化して攻撃をする。

花の呼吸 肆ノ型 紅花衣

雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃

蛇の呼吸 参ノ型 塒締め

岩柱が自分の武器をぶつけ赫くする。

「灼けるような匂いと熱‼︎ あの時と同じ色が変わった‼︎ 長くは保たないだろうが攻撃力は上がる‼︎」

風柱が水柱に叫ぶ。

「冨岡ァァァ‼︎ 受けろォォ‼︎」

お互いに刀をぶつける

「(⁉︎ 刀身が赫く?)」

「カァァァ‼︎ 夜明ケマデ一時間三分‼︎」

水柱と風柱が刀を構える。

「余裕余裕 糞味噌にしてやら゛ァァァ!!!」

悪鬼を滅殺せよ‼︎次号Cカラーで逆襲開始‼︎

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事