【感想ネタバレ】~Dr.STONE reboot:百夜~第4話【外伝】

週刊少年ジャンプ短期集中連載Boichi先生によるDr.STONE(ドクターストーン)外伝reboot:百夜の3感想ネタバレです!

ネタバレ

最悪のニュース
リリアン、シャミール、コニーが搭乗した宇宙船ソユーズが機体が転倒してハッチが開けられない
しかも着水地点は目的地の九十九里浜よりも数字100キロも南の海上で自力での脱出は不可能
休みなく働いていた百夜が倒れる

石化から61時間

目を覚ます百夜 ヤコフから状況を聞く

「ワシらの頼みの綱の気象衛星が4時間後には軌道を外れちゃってなんの情報も受け取れなくなっちゃうの、そしたらもう九十九里浜に着陸なんかできない。今海に落ちたリリアンとシャミールとコニーは8時間後には酸素が切れて死んじゃう。それは分かってるのでも!みんなを助ける方法が無いの!3人の仲間を…諦めてワシらは九十九里浜へ行く…!人類を…救わなくちゃいけないから…!」

百夜はそれまでの自分の決意の言葉を思い出していた

いや、仲間を諦める?んなわけねー
俺らで全人類助けるんだろ あいつらこそ1億%!今生きてる全人類じゃねーかよ……‼︎
俺らもあいつらのいる海に向かう いひひ6人全員で楽しく肩組んで生還しよーぜ‼︎

近くの島に着陸してそこから助けに行けばいいと言う

「そんな島にピッタシ着地できるとでも⁉︎誤差10キロとか出ちゃうんだよ⁉︎」

「10キロなんざ屁でもねー 俺が泳ぎ切ってやるよ レイ‼︎目標地点は島だ!それとーコースを計算する時スタート地点すら変えちまって構わねー!」
「‼︎ てことはISSを常数じゃなくて変数で計算…ワシらのいるこの宇宙ステーション自体を動かしちゃうって事⁉︎」
「Да」ロシア語でYES発音はダー

石化から62時間 タイムリミット3:00

レイの計算結果から40トンもある宇宙ステーション(バス50台分)を130キロで加速させて進行角度を変えれば島に行けるという
とにかく燃料を使いまくって目標軌道に到達し、宇宙服に着替える
ダリヤが話しかける
「百夜…もしさ…アタシらの目指すあの島が無人島だったらあんたは永遠に息子に会えないかもしれない あんたが望んだ…息子とタッグで人類を復活させるって夢もできなくなるよ いいのかいそれで……?」

千空には悪りーなって謝るっきゃねー でもよ
千空もきっと俺と同じことすんだろーな 奴なら
全人類も仲間も見捨てねー
何十年、何百年、何千年かかったとしても俺と千空はそういうふうに手を繋ぐぞ…!

ソユーズ分離20分前
百夜様』レイが話しかける
わたしも仲間ですか?
「ああ、もちろんな」
だったら私に会いに戻ってきてくれますか?
人間は戻ってくるとおっしゃってたの聞きました 百夜様、戻ってきてくれますか?
「ああ…戻ってくる だから気楽に待ってなレイ」

ダリヤが話しかける
「百夜、私たちはもう戻れないじゃん それにアタシらが全部燃料使い切っちゃったからね…ISSは1年後には墜落するよ」
「分かってるでも…俺はレイが最後まで安らかにいて欲しかった 俺たちの為に…頑張ってくれたんだからよ」

レイのモノローグ
人間たちはそうやってISSから立ち去りました
燃える火力発電所の灯がぽつりぽつりと光っている 暗い地球の夜の中へ 遠ざかっていきました
そしてレイ わたしはこの宇宙に一人で残りました

石化から66時間
ーただ、きみのために。

Boichi先生巻末コメント
久しぶりに宇宙工学について勉強して楽しいです。

感想

話が進むほど千空と百夜は親子なんだなぁと感じさせられますね。特に言動などが。
そしてレイとはここでお別れです。別れのシーン、レイはロボットだから感情はないはずですけど悲しそうな表情をしているように見えました…
ぜひ、本誌で確かめてみて下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事